新着情報

有限会社イナイ
有限会社イナイブログ
ベジタブルオイルRevi
漢方相談
漢方アロマエステブログ
シースカイ
ブランズチキンエッセンス
漢方美容研究会
漢方美容研究会ブログ
漢方のイナイ


カテゴリー
問い合せ

検索看板



RSS 1.0 ATOM 0.3
地黄の効能について

JUGEMテーマ:健康

地黄とは日本には天平時代に薬草として渡来し、奈良県で栽培が始まりました。

現在は北海道で栽培されています。

北海道では、栽培期間中は化学合成農薬や肥料を使用しないで、

天然の肥料で育てられています。
中国最古の薬草の本である『神農本草経』に

「あらゆる関節痛、筋肉痛、肩こり、腰痛、内臓の損傷を治し、血行が悪くなって起こる麻痺、しこりを取り除く」とあります

地黄が配合されたくすり
瓊玉膏生地黄の絞り汁を使った練りくすりで、

中国古典の『寿世保元』に

「不老長寿の要薬とされ、五臓(肝・心・脾・肺・腎)を活発にして、体力を満ち溢れさせ、奔馬のごとくになる」と記しています。
その他、四物湯、八味地黄丸、十全大補湯、人参養栄湯、滋陰降火湯、潤腸湯、消風散、当帰飲子、加味逍遙散、温清飲など多くの漢方処方に配合されています。
 

地黄は修治(加工法)によって薬効が異なります。

生地黄(鮮地黄);掘り取った生のもの
発熱を下げ、血液をきれいにして、全身の水分を調整し、糖尿病による口渇を取り、皮膚の発疹を治療する。吐血、鼻血、血尿、月経過多少の止血作用があり、咽頭腫痛に用いる

乾地黄:乾燥したもの
身体が疲れている時の微熱を下げて、発熱時の胸苦しさを消し、糖尿病を治し、吐血、鼻血、血尿、月経過多症の止血の効用がある。

熟地黄:熟したもの
身体の衰弱を元気にし、貧血を治す効用がある。特に肝臓の疲れを取り除き、めまいや耳鳴り、腰や膝が疼いて痛むものを治し、糖尿病を治し、インポテンツを改善し、更年期障害や異常性器出血を治す効用がある。

 

地黄は「腎虚」という症状に有効
疲れやすい顔が青白い体力低下目が乾く食欲不振・下痢気味唾液の分泌が少なく、口が渇く貧血皮膚の荒れ・乾燥不安感・健忘動悸・息切れ痩せはじめたインポテンツ風邪をひきやすく、こじれて治りにくい四肢冷感

地黄は人参と共に造血の王様
 赤血球の表面積を最大にさせる。
 脾臓で古い赤血球を早く破壊し、

酵素活性の高い新生赤血球を多くして、

赤血球全体の機能を高める。
 鉄欠乏性貧血、慢性的な貧血を改善する。
 貧血が改善されるので、行動が活発になり、疲労回復を早める。
 低温環境下における赤血球変形能の低下を改善し、

エネルギー代謝効率を促進し、冷え症を治す。
 動脈、静脈血管を拡張して、血圧を上げないで、血流を亢進する。


 

鹿茸の使い方

JUGEMテーマ:漢方

鹿茸が身体の機能が落ちた時に効果があるのは何故でしょう?

鹿茸とは鹿の角をスライスした物。血液が袋角に栄養を送って成長しますので処置をした後も、血液の色が残り、その最先端部で血の色が濃く、茶色で角の細胞組織が巣状です。

柔軟な部分は特別に、指で押しつぶすと粉状になる。約10cmが最も薬用成分が多いので最高級品とされ、下部になるにつれて白く角化して来たのが下級品と評価されている。
調製時に最も血の色の洗い先端部から3分し、上台、中台、下台と呼び流通している

鹿茸は、脊髄の造血幹細胞を摂取するのと同じ意味合いです。だから血合いの部分が含まれていないと摂取しても意味がありません。

造血幹細胞は赤芽球の状態(不溶性の非抱合型ビリルビン)でポルフィリンがストックされています。疎水性が高いので水に溶けにくいので 製剤的には紅参を助剤に使います

また使用目的によって、.汽汽悒襯垢箸諒四僉´▲轡ぅ織蔚飮綢痢´サメミロン等と組み合わせて使う事で本来鹿茸が持っている特性が活かすことができます

 

鹿茸の有効成分は、非抱合型ビリルビンの状態で、疎水性が高く、きちんと分散すれば、有機物の陰イオンとしての作用が期待できます。

 漢方でいう厥陰病に効果的です。

 腸の壁が傷ついて 様々な物質が 腸肝循環に入り込む状態がさらに進行した病態に

使用意義があります。腸肝循環がおかしくなると当然、腎が悪くなります。腸管の修復によって腎を治すのが鹿茸の特徴です。

原理は、疎水性が高い有機物の陰イオンが、腸の壁に強い油膜を張ることで粘膜を

修復します 

ポルフィリンが酵素(p-450)の材料として使われるので、酵素が正常に作用するようになる事も腎に作用します  

牛黄はポルフィリンの還元、鹿茸はポルフィリンの材料として考えています

 

どの種類の鹿でも良いか?

 鹿茸に使用する鹿は、馬鹿、花鹿という事が重要なのです。

 馬鹿のオスは枝分かれしたツノを持つ。成獣の体重は40kg〜80kgほどで、

ニホンジカに近い。その一方で、蹄の形状はウマに酷似している。

馬鹿は偶蹄目に分類されていますが、奇蹄目と偶蹄目が分岐する以前の古い特徴を現在に残す動物である。(遺伝子的に調べて偶蹄目に分類した)

奇蹄類はウマ・バク・サイなど 偶蹄類は、イノシシ、カバ、、シカ、キリン、ウシなど

 ヒトは奇蹄なので 同じ奇蹄目の動物のホルモンの方が似ている

 

 鹿の種類の中でも、より馬に近い馬鹿を選んでいるのは馬鹿の角の中の血合いの部分を

 ヒトのホルモン補給に使うために選んでいる。

 

◆霊鹿参

鹿茸(ロクジョウ)末 紅参(コウジン)乾燥エキス

添加物として無水ケイ酸、ステアリン酸Mg、カプセル本体(ゼラチン)に

青色1号、赤色3号、ラウリル硫酸Na

 

鹿茸に紅参を使う理由: 

人参を蒸すことでサポニンの質が変化しより疎水性のものをより吸収しやすくする。

サポニンは皮に多く、紅参は皮付きのまま蒸すことが製剤の特徴です

 

活命参

 成分

分量

内訳

コウジン乾燥エキス

300mg

(紅参3000mg)

ロクジョウ末

800mg

トシシ乾燥エキス

27.3mg

(菟絲子300mg)

クコシ末

100mg


 

 

 活命参と霊鹿参は若干目的が異なります 

霊鹿参は腸の壁を修復する、酵素修復、造血を期待して使用します

活命参は、赤芽球から赤血球を作る(造血)、まだ活用できる赤血球を脾臓が破壊するのを

防ぐ、と精神安定をメインに考えています

精神が萎えている人は、各細胞の細胞膜の電位が浅くなって自律神経が不安定です

活命参はその電気エネルギー(生体エネルギー)の回復にも役立ちます

生体エネルギー不足の状態では、赤芽球から赤血球が出来る(第二鉄を第一鉄にする)事が

必要で、電位を還元しないと造血ができません

血液中で 赤血球とアルブミンはそれぞれマイナスに帯電し反発している

枸杞を使い電位を下げると血沈が遅延させる事ができる

 造血 + 血液の破壊を遅らせる事で貧血を改善します

 

◆複方霊黄参丸

牛黄(ゴオウ) 10mg

紅参(コウジン)乾燥エキス 300mg(紅参3.0gに相当)

当帰(トウキ)末 180mg 防風(ボウフウ)末 180mg 川芎(センキュウ)末 180mg

甘草(カンゾウ)末 100mg 芍薬(シャクヤク)末 300mg 桂皮(ケイヒ)末 250mg

動物胆(ドウブツタン) 50mg  鹿茸(ロクジョウ)末 5mg

添加物として部分アルファー化デンプン、パラベン、グリセリン、ハチミツ、寒梅粉、銀箔を含有  鹿茸に対して紅参を入れています

 

当帰 防風 川芎 甘草 芍薬 桂皮が牛黄と混ざるように動物胆が入っています

香りが抜けないようにトウモロコシデンプンが使う場合がありますが

トウモロコシデンプンを使うと含水率が高くなります この処方は電気的エネルギーが落ちるといけないので 含水率が高くならないように他の基剤を使用しています

でんぷんをアルファー化処理し分解しやすいように また寒梅粉 (米粉)を入れてポロポロと崩壊するように考えています

ただし本処方の目的は 腸の中で溶けて欲しい

1 間違って噛み砕かないように固めに作っている

2  胃で溶けないように 銀箔を使っています

銀は塩酸によって 塩化銀(不溶性)皮膜ができます

塩化銀は腸の中に到達し 腸内細菌が作るアンモニアによって水溶性に変わります

水溶性になった銀は抗菌作用が強く アンモニアをつくるような菌類は死滅します

よく考えられた仕組みです

 昔の人の知恵 今のドラッグデリバリーシステムです

 

 

 

松井熊参丸

松井熊参丸は古くから愛用されてきた、動物生薬の熊胆に

チクセツニンジン、センブリなどを加え、食べ過ぎ、飲み過ぎ、二日酔いの胃のむかつきをなおす

小粒の生薬健胃薬です。逆流性食道炎によく使います。

逆流性食道炎の原因の一つに胃液と(胆汁 膵液)の分泌バランスによるものがあるのですが

病院では胃酸分泌を抑制することばかり考えた処方が多いように思えます

胃酸分泌がしっかりしている人は軟骨形成がしっかりしているため

鼻が高い方が多いので胃酸分泌抑制剤で効きますが、

胃酸分泌が弱い方は下図参考の山根(サンコン)が低い、

また面長な顔(下あごが発達していない→唾液 胃液の分泌少ない)になります

山根が低い、面長顔の人で胃腸が弱い、逆流性食道炎ですって方は

油の分解ができてない場合が多く、胃酸分泌抑制剤は逆効果で胃がもたれます

こんな時のお助けが松井熊参丸です

一回5粒 1日1回くらいで十分です

必要なヒトの鑑別点は 

頭皮の毛穴から油の分泌が多いので猫毛っぽい人が多い

顔は白いけど全体がくすんでいる。そしてげっぷが出たり、胸やけ多い。

あまり気力がない、集中力が長続きしないなどです

 

 

 

折衝飲

生理痛生理不順のほかに子宮内膜症卵巣嚢腫
下肢静脈瘤腰痛産後の体調不良に使います

きゅう帰調血飲第一加減が黒い線(脾経)の流れが悪い時に使うのに対し

本処方は肝経の流れが悪い場合に使います

鑑別点は顔色です

脾経の流れが悪い時の顔色は 白い、青白いなどですが

それと比べて肝経の流れが悪い時は 白いがくすんでいる、青黒っぽいなど

くすみがあるのが特徴です

本処方は排卵痛生理痛の改善に1日だけ服用する事もあります
不妊治療では
子宮の血流を良くして子宮内膜をきれいにはがし
次の周期にリセットさせる為に使います

「骨盤内の血液の塊を取り除き血流を改善」「生理痛、生理不順に効果的な漢方薬」です

当店では 処方中の「川キュウ」が良いため、台湾の勝昌製薬の折衝飲を使用しています

 

 

キュウ帰調血飲第一加減

キュウ帰調血飲第一加減は、安全で使い易く、
日本人の体質に合った処方で知られる処方
です。
血液の流れをよくし子宮卵巣毛細血管組織に溜まった老廃物を取り除く代表的なものです。

当店では

 

脾経の流れ(上図参照)を良くするタイプのキュウ帰調血飲第一加減を使っています

 

メーカーによって効く経絡が異なる場合がありますし

 

同じメーカーでも変わる事がありますので注意してください

 

脾経の血流の滞りによる、生理不順不妊、産後の体力低下風邪まで
用いることができるのが大きな特徴です。
ただし、妊娠中「妊娠3ヶ月以降」は服用しませんので
注意してください!
女性と漢方の妊娠期の注意をご参照下さい!

 

 

 

瓊玉膏(ケイギョクコウ)

瓊玉膏は,生地黄の搾り汁、人参末,ブクリョウ末,枸杞子末,
沈香末,ハチミツを混合したもので,黒褐色,軟エキス様の独特の香りを持ち,
甘味と多少の苦味を持った生薬製剤です。
銀の二重窯で濃縮する事や製剤の技術によって プロゲステロン活性が期待できる

漢方薬です
だから細動脈や毛細血管にこびり付いた老廃物(脂や古い血液)を取り除く力が強い。

また酸素がカラダの隅々まで行き渡っていない状態を改善するので
老化防止のベースの処方として使えます
生の地黄は止血作用もあり胃腸障害が少ないので使いやすい!

1、手足が冷たい方、低体温の方

2、目の下や目頭〜鼻にかけての黒っぽいクマ

3、見た目は血圧が低そうな感じの顔だが
  実際は血圧が高い方

4、パン食が多く 唇が割れたり肌がガサガサする

5、目が小さめで、目の白目の部分が「白く」
  目がウルウルしている方で
  自律神経が失調している



ササヘルスやスクワレンと併用したり オイスターを補助で飲むと抜群の効果が見られます

葛根湯

葛根湯といえば誰でも聞いた事飲んだことがある漢方薬だと思います 

病院でもらうのはツムラの,海譴任聾果が・・・
市販薬ではカコナールが有名ですがこれは値段が高すぎ

当店では台湾のメーカーの勝昌製薬葛根湯を販売しています
1回1.5gと量は少なめですが効き目あります
飲んだ感じも スーと鼻が抜ける感じです
葛根湯は風邪の治療に2千年前から使われていますが
項背(うなじから背中)が几几(机のように角がとがっている様)として強ばっている状態、
つまり現代女性に多い「肩こり」によく処方されます。
肩こりでいつも鎮痛剤の入った湿布を貼っている方、
ストレッチをしっかりして
運動をして、それでも肩こりのある時には
葛根湯を飲んで・・という方法もありますよ。
こちらの方がより健康的かもしれませんね。

氣に感じる応じる漢方とは

JUGEMテーマ:漢方

氣に働きかける漢方薬とは

人が認識する7つのニオイ    

エーテル臭 樟脳臭 麝香臭 花香 ハッカ香 刺激臭 腐敗臭

 

エーテル臭は

異臭としてあまり苦にならず自然に吸ってしまい、あとになって気分が悪くなったり
めまいがするタイプの臭いです

 

樟脳臭は
樟脳をカンフル剤というぐらい 脳に刺激が強い臭い 

このタイプの臭いは 心臓や肺が動く 交感神経作動性の臭いです

神経を刺激するパルスの強度が強い

 

麝香臭は 
麝香鹿の性腺からの出る臭いです

性腺からの分泌物はヒトの本能に働きかけます

大脳辺縁系に刺激を与える臭いです

 

車や船に乗って酔った、急に下痢になった 電磁波のせいで具合が悪くなった

など…脳が過敏に反応してパニックになってしまう事がたくさんあります

そんな時にニオイを使って脳の活動を正常にリセットするものが

ニオイの受容体にしっくりはまる香りが効果的である

よく使う漢方薬の処方が下記である

 

麝香(ジャコウ) 5mg 牛黄(ゴオウ) 10mg

人参(ニンジン) 75mg 羚羊角(レイヨウカク)末 10mg 沈香(ジンコウ) 10mg

龍脳(リュウノウ) 10mg 動物胆(ドウブツタン) 30mg

ウルソデオキシコール酸 10mg

 

添加物としてパラベン、トウモロコシデンプン、寒梅粉、アラビアゴム、

カルメロース、薬用炭

 

麝香 沈香 龍脳-------疎水性が強いです

牛黄 人参 羚羊角-----水溶性に近いです

 

動物胆を界面活性剤として ウルソを動物胆がコレステロールなどに分離しないように安定化させるために配合しています

薬用炭は芳香性がある麝香 沈香 龍脳のニオイの保持のために入れていると思います

 牛黄  羚羊角に 人参に使うのは 霊〇参の時と同じ理由です

 

最近の病気に対応する場合は この処方では効きにくい場合がある

そんな時は 下記 1 や 2などの処方のものが効果的な場合もある

しかし合成香料がなど化学的なニオイのせいで脳がおかしくなるケースには

ニオイにニオイでは効きにくい(そんな場合は 旨味を使う)

牡蠣肉エキスやリンゴの発酵液などが効果的である

 

処方 1

サンヤク  カンゾウ  ニンジン  ホオウ  シンキク  ダイズオウケン  ケイヒ  アキョウ  シャクヤク  バクモンドウ
オウゴン  トウキ  ボウフウ  ビャクジュツ  サイコ  キキョウ  ブクリョウ  センキュウ  ゴオウ  レイヨウカク
リュウノウ ビャクレン ショウキョウ ジャコウ  タイソウ
添加物:ハチミツ,金箔 色:金

処方 1は高価であるため4分の1程度づつ飲むと良い 

(注意点 電子の供給を妨げないよう セラミックのナイフで切ると良い)

処方2

成分
ジャコウ
ゴオウ
リュウノウ
ニンジン
サフラン
コウブシ
ジンコウ
カンショウ
ケイヒ
牛胆
チョウジ
モッコウ
カンゾウ
ショウキョウ

手で千切って飲むと良い

 

更年期に効く漢方の秘密

JUGEMテーマ:漢方

昔にもあったドラッグデリバリーシステムの紹介

◆複方霊〇参丸

牛黄(ゴオウ) 10mg

紅参(コウジン)乾燥エキス 300mg(紅参3.0gに相当)

当帰(トウキ)末 180mg 防風(ボウフウ)末 180mg 川芎(センキュウ)末 180mg

甘草(カンゾウ)末 100mg 芍薬(シャクヤク)末 300mg 桂皮(ケイヒ)末 250mg

動物胆(ドウブツタン) 50mg  鹿茸(ロクジョウ)末 5mg

添加物として部分アルファー化デンプン、パラベン、グリセリン、ハチミツ、寒梅粉、銀箔を含有  

 

この処方の目的は、下腹部にある子宮や卵巣に対して電子を供給するという目的があります

(当帰 防風 川芎 甘草 芍薬 桂皮)などの生薬が配合されていますので

酵素を正常に整える(鹿茸 牛黄)は溶解すればいいので紅参を入れていま

(当帰 防風 川芎 甘草 芍薬 桂皮)が (牛黄や鹿茸)と混ざるように

界面活性剤として動物胆が入っています

また この処方は還元剤としての電位を維持するために 糖質によって湿気ないように工夫してあります

含水率が高くならないように 他の処方では使用していたトウモロコシデンプンは避けているみたいです

でんぷんをアルファー化処理しているのは 小腸で分解しやすいように 

また寒梅粉 (米粉)を入れてポロポロと崩壊するように考えています

また別の工夫もしています

本処方は 腸の中で溶けて欲しいため 間違って噛み砕かないように固めに作っている。

胃で溶けないように 銀箔を使っている点などが素晴らしい技術です

銀は塩酸によって 塩化銀(不溶性)皮膜ができます

塩化銀は腸の中に到達し 腸内細菌が作るアンモニアによって水溶性に変わります

水溶性になった銀は抗菌作用が強く アンモニアをつくるような菌類は死滅します

よく考えられた仕組みです

昔の人の知恵 今のドラッグデリバリーシステムです

 

 

心臓に効く漢方薬の秘密

JUGEMテーマ:漢方

 

◆〇鼓心

蟾酥(センソ) 牛黄(ゴオウ)  鹿茸(ロクジョウ)人参(ニンジン)

羚羊角(レイヨウカク)真珠(シンジュ) 龍脳(リュウノウ) 動物胆(ドウブツタン)

添加物として

パラベン、トウモロコシデンプン、寒梅扮、カルメロース、薬用炭、金箔を含有します

 

蟾酥 鹿茸 龍脳は 脂溶性の薬用成分です

霊〇参で解説したように、牛黄 人参がセットです

また 羚羊角 真珠がセットです

羚羊角 真珠のカルシウムの結晶構造が「カルサイト」でできている点に特長があります

牛黄 人参 羚羊角 真珠のセットは電位差が異なるミネラルの組み合わせで

結晶も強固で壊れにくい(=自然放電しにくい)ための組み合わせです

牛黄 人参 羚羊角 真珠は電位が高い状態にしなければならないので

乾燥した状態にするために寒梅扮を入れていると推測できます

ウェットになると電気を放電するからです

心臓には ムスカリン受容体が心拍など調節していますので 香りがある生薬も必要です

香りがある「蟾酥 鹿茸 龍脳」のニオイを逃さないように

含水率が高い糖質であるトウモロコシデンプンをあえて使用しているようです

また薬用炭、金箔の目的にいろいろありますが この処方では

処方の電気エネルギーを高める目的で配合しています

漢方言えどもまさに AEDのように電気を発生させます

本当にこの処方が必要な人が丸剤を 労宮にのせると バチって音がします

実際の処方は金で被膜を作っています

金で覆うと生薬はゆっくり持続的に電気エネルギーを出します

だから金で覆っています

すごい技術ですね!