新着情報

有限会社イナイ
有限会社イナイブログ
ベジタブルオイルRevi
漢方相談
漢方アロマエステブログ
シースカイ
ブランズチキンエッセンス
漢方美容研究会
漢方美容研究会ブログ
漢方のイナイ


カテゴリー
問い合せ

検索看板



RSS 1.0 ATOM 0.3
妊娠力の衰えはじめ

JUGEMテーマ:不妊治療

 

女性は35歳を過ぎると

女性ホルモンの分泌が、少しずつ低下しはじめ、
卵巣と子宮の働きにも緩やかな衰えが見えはじめます。

 


卵子そものの大きさが、小さめになり、
卵子をつくる過程も、時間がかかるようになります。


また、卵子の大きさが変わらなくても、

卵子そのものの質が、低下することもあります。


生理(月経)に大きな変化はありませんが、

1歳年齢を重ねるごとに、経血量が減る傾向になります。

ホルモン低下を防ぐポイントは、

いかに下半身の血流が確保できるか、どうかです。


 

 太ももを中心に筋力が低下すると、

 身体が作る熱量(産熱)が、減少していきます。

 

 熱量が不足してくると

 女性ホルモンを消費して、体温を維持します。

 

 

 

 

身体が体温を維持することを、「恒常性」といいますが
「恒常性」を維持するには、自律神経が作用して

熱量の『放射、伝導、対流、蒸発』を

制御する必要があります。


 

「恒常性」が制御しきれない場合は、

 

ホルモンを使い、熱の産生を活発にします。

 

ホルモンには、その量に限りがあります。

 

ホルモンは、生命体の維持に優先的に作用します。

 

生理(月経)に関係するのは、後回しになります。


それが、妊娠力の低下につながります。

 

 


妊娠力低下は、見た目ではわかりません。

 


排卵はあっても、卵子そのものが小さかったり、
卵子の中が、空っぽだったりする

変性卵になることが多くなります。


受精卵として、成長する率も低下します。


経血量も、もっとも多い時期の3分の2から半分になります。
子宮内膜の厚さも薄くなりがちで、着床がむずかしくなり、
着床困難や流産もしやすくなります。


これはホルモンが低下しておこることも考えられますが、
血流の低下によって、起こる要素もあるのです。



子宮や卵巣はカラダを積極的に動かさないと

きれいな血液が流れ込んでこない

仕組みの血管の構造になっています。


子宮や卵巣に汚染物質が簡単に

入り込んでこないような

仕組みになっています。

 

 

 

歩くことで、

古い血液が、子宮内膜から外に排泄されます。

 

静脈血が出ていくと、動脈から血液が流れ込む仕組みです。

 

 


 子宮のらせん状血管 上図参照

不妊の原因には男性に原因が多い

 

 

 

                       

カラダが元気だし精力もある!!

 

まさか自分に原因があるなんて・・・
 

30代でも加齢臭がする。

血糖値や高脂血症が気になる。
メタボリック症候群予備軍などの男性が増えています。

 

血液がドロドロ(粘ってくる)になることが

一番よくありません。


≪ 自分でチェックしてください ≫

 まず精液がドロドロし過ぎていないか?


精子は、尾部に鞭毛を持っていますが

鞭毛には運動する為のエネルギー蓄えられてなく
精液の中の栄養素(主に果糖)を、吸収し動いています。
その為、精液がドロドロだと精子の運動率が高くありません。
  
精液の量が少なくないか?

 

他人の量とは、比較しにくいので
手のひらに載せて、こぼれない程度の量が

正常と思って下さい。


射精では、約2億個の精子が含まれます。

精子は、精液の中に 
1ml中 → 2000万〜1億個
1回の射精で 2〜5ml 

「ふくらはぎ」から「足先」の血流が悪い


 

冬は冷えて、夏は暑い。

 

顔から上は、一年を通して汗をかきやすい。


 

 

このような方は

毛細血管の血流が、悪い状態です。


精巣の内部まで、十分に血液が流れ込まず


精子の、製造能力が低下したり


精巣上体で、

 

奇形がある精子などの選別ができていない


可能性が高くなります。
 


 

´↓が当てはまる方は

 

フーナーテストを、受けてみて下さい。

 

精力剤を飲んでも 不妊には・・・関係ない?

JUGEMテーマ:不妊治療

 

精力剤を飲んだら男性機能が元気になる!!
亜鉛が多いサプリメントで精力絶倫に!!

 

漢方不妊治療は

「精子の機能を正常にする事」が目的です。


実は、精力絶倫なのに男性不妊という方が

いらっしゃいます。

 



精子は、精巣で製造されて分泌されますが
 精巣由来の精子は、射精する時に精液の5%ほどです。


 ホルモン剤が入っている医薬品は、

 アンドロゲンの作用を高めます。

 

 筋肉増強には効果がありますが、

 精子の量や機能を、高める訳ではありません。



 精嚢からの分泌液が、たっぷりある事も大切です。


 精嚢からの分泌液は、射精時の精液の60%を占めています。
 精子が、精嚢からの分泌液に接触すると
 それまで運動していなかった精子が、盛んに動き出します。

 

 精子は、ミトコンドリアを持っていませんので、

 細胞内でエネルギーを作り出す事が出来ません。

 精嚢からの分泌液(果糖)を、栄養源にして活動します。
 

 


精液が「濃くネバネバ」しているのは
 精嚢からの分泌液が、減少している状態です。


 この状態は、精子の運動能力を減少させてしまい
 精子が、前進しにくくなり、卵胞まで行き着くことが
 できなくなります。


 お腹が冷えたり、足首が冷たいという

 男性の方に多く見られます。


 このような場合は、漢方薬をお勧めしています。

 

 


≪ 精子がどのようにして作られているか? ≫


 精巣の組織には、細かい部屋「小葉」があり
 この周りには、細くてきつく巻いた800本程の

「曲精細管」が、入っています。


 両方の精巣で、約1200mもの長さがあり、
 この中で精子が製造されています。


 多少の汚染物質が体内に入っても、

 精巣には影響がないように、

 精巣は「精巣血液関門」で

 全身の血液循環から、隔離されています。



 「精子の奇形率」が高い方が、いらっしゃいますが
 体外からの汚染物質が、原因ではなくて
 「精巣の血流低下」が、疑われます。


 製造された精子のなかで、奇形があるものは
 精巣の上にある、精巣上体で処理されます。


 精子は、約7mある精巣上体を、

 2週間かけて、機能的に成熟して分泌されるのです。


 
 ★精巣上体を通過する精子を、

 

  元気にする為には、14日あれば十分なので


  男性には漢方薬を、通常2週間分処方しています。

 

「 生理周期と生理の日数」

JUGEMテーマ:不妊治療

 

「 生理周期と生理の日数」

 

生理周期は

28〜35日ぐらいが目安ですが

早くても、遅くても問題があります。

 


 

周期が21日以下(短い)の場合

 

常に交感神経が、優位にたっている場合など

ファーストフード摂取が、大きく影響している事があります。

 

老廃物が多く出やすい食事摂取の場合

老廃物は、ホルモンの力を利用し、生理として排泄されます。


生理周期が短いと、

卵子の成熟が不充分なまま、生理が起きます。

成熟卵胞によって、体内の女性ホルモンが作られる仕組なので

卵胞の未成熟は、ホルモン不足を招きます。

 

 

 

周期が40日以上(長い)の場合


老廃物は少ないけれど、血液の量や濃さが不足している。

冷えの影響で、血流が悪いなどがあります。

 

生理に必要なだけの血液が不足し、

卵子の成長が止まったり、
排卵がスムーズに行われなくなります。

 

 

また、

 

以前と違う周期の乱れが3回以上続くときは、
何かしらのトラブルが、疑われます。

 

 

 

生理の持続日数は、
「血」が不足した「血虚」の状態だと、持続日数が短くなったり、
「血」のめぐりが悪く、老廃物が溜まっている状態「お血」だと
持続日数が長くなったりします。

 

 

これらは、その人の体調に関係すると考えられます。

 

 


アスリートの人は、

 

生理が来にくいとい言うのを

聞きますが、
スポーツをよくする人は、

筋肉量が多く体脂肪率が低いため

常に老廃物が、

燃やされている(除去)ので、

生理が起きにくくなります。
 


 

アスリート以外の人でも、

 

体脂肪率の平均値が

極端に低い人なども、

上記と同じことが

言えます。

 

「つわり」は身体からのサイン

JUGEMテーマ:不妊治療

受精→着床→黄体が成長するまでは
黄体が酸化しないようにするための注意が必要です
質の良い油質の良いタンパク質の摂取が必要な時期です
この時期は漢方薬を服用する事はあまりお勧めできません

何もしないのも大事です
黄体は3ヶ月経過すると変性し、表皮が形成され始めます
この頃から胎盤エストロゲンとプロゲステロンを活発に分泌し始めます
この2種類のホルモンは 

カラダの老廃物を組織から組織に運搬する作用があります

そのため、身体の状態によって つわりが起こります
酸っぱい食材が欲しくなる
「つわり」

血液が濃く、老廃物が多い時に起こりやすいです

摂取カロリーは少なくても 脂肪分が多い食事をしていると悪化します

甘いものが欲しくなる「つわり」は、

血液の量が足りない時に起こりやすいです

しっかりとタンパク質の摂取をしてください

食べれないから アイスクリームなどさっぱりした物を食べていると

症状が悪化し、甘酸っぱいものが欲しい「つわり」になりやすいです

 

つわりがあり吐き気がひどいからと言っても、

妊娠中は漢方薬であっても気を付けて飲んでください

 

安易に 半夏(ハンゲ=里芋のアク)は飲むものではありません

症状は治まるかもしれませんが、えぐい、苦い、渋い味のものは 身体にとっては

毒素です。

着床の備えての必要な栄養素は

JUGEMテーマ:不妊治療

受精から4日経過すると 受精卵は子宮に到達し、
受精卵は2~3日かけて細胞膜の表面近くに栄養膜を形成します
この栄養膜からは 子宮上皮を溶かして着床する為に
ヒアルロニダーゼ(子宮上皮のヒアルロン酸を分解する酵素)が
分泌されて、受精卵が子宮上皮に接合します

この時に子宮内膜が酸化されて固くなると着床しにくいので
内膜の油の酸化防止には「鹿茸」を使います
内膜や細胞表面の油汚れを泡立てて落とすために
テルペン系サポニンが多く含まれる生薬を処方します

受精卵と子宮内膜が接合する時に細胞と細胞をつなぎ止める
ために必要な栄養素が糖質栄養素「糖鎖」です
糖質栄養素は
クロレラなどの表面の細胞膜を破砕したものをお勧めしています
食事療法食材の調理方法なども指導しています

経済的に余裕がある方にはサプリメントなどを
お勧めしていますがなるべく食材にこだわりのが良いでしょう!

着床が進むと 受精卵は子宮内膜に取り込まれ
子宮内膜から栄養が供給され始めます
この段階で必要な事は
黄体の細胞表面が酸化されない事です

通常ならば ゴナドトロピン(HCG)が
黄体の変性を防止するのですが
不妊の方はHCGの分泌が悪い場合が多くみられます
黄体の酸化防止に サプリメントや漢方薬を服用します
黄体が変性すると 子宮内膜と受精卵の結合体が崩壊し
妊娠が継続できないのです

生理~排卵までと 排卵日前後、排卵後の処方は
同じ処方ではありません
必要な時に必要なものを飲む事が本来の漢方療法と考えております

 

 

妊娠周期と胎教 

JUGEMテーマ:不妊治療

胎教と妊娠周期については、

日本最古の医学全書『医心方角』を参考にしてください

要点を解説します 

妊娠1ヶ月  力を使うような事をしてはいけません!
        寝るときは 安静にして怖がらせたり、恐れさせたり
        してはいけない
        スモモなど上質の酸っぱいものを食べる 
        モモなどは食べ過ぎない事
        ネギや鶏肉を食べるといい
        辛いもの生ものを控える                  

        雑穀米など食べましょう
 

妊娠2ヶ月 辛いもの生ものは食べないように
        この時期に胎児の『精』ができる為  
        
力仕事をしないように気をつけて下さい
        力仕事をすると関節を患いやすいとされています

        
妊娠3ヶ月  芽生姜 ウサギの肉(ミートボールに配合)や
         辛いもの、悪臭のするものを食べないように 
         果物冷たいもの 身体を冷やさない事

         刺激物は控えて                  
  
       くよくよしたり、ストレスたまらないようにしましょう
    
         ☆男 女が決まっていない時期


妊娠4ヶ月  気持ちを和やかに、
        人に逆らわずのんびりした気持ちに
        胎児に栄養を補給するために ご飯、
        しっかりと出汁を取ったものを食べましょう 
        食
べ過ぎない事!


妊娠5ヶ月 朝はゆっくり起きて 夜早く寝ることが大切  

       栄養バランス 甘い 鹹い 酸っぱい 渋い 苦いもの

           白 色の食材きちんと取って下さい

       空腹になり過ぎたり、満腹し過ぎないように
 

       ダウン症に関係している時期なので大切に

妊娠6ヶ月 ストレスを避けて野外に出たり、
       歯ごたえのあるお肉を食べて栄養補給して下さい。
       
甘くて美味しいものは食べ過ぎない事 
       
       ☆トリスープやネギ、大根で栄養補給
        胎児に 筋骨が備わる時期


妊娠7ヶ月 身体を動かし、湿気の少ない部屋に居ましょう 
        ご飯美味しいお肉を食べましょう
        
しゃべり過ぎたり号泣したり避けて
        ←肺を冷やすから  

        安定期ですが、薄着冷たいものを控えて下さい!

        ☆胎児の骨髄が形成される時期

妊娠8ヶ月 空気のきれいな空間でゆっくり過ごしてください!

        乾燥したものは あまり食べないように

        ☆胎児の皮膚ができあがる時期です
         注意を守ると 胎児の皮膚の「きめ」が細かくなり
         顔に光沢が出る


妊娠9ヶ月  胎児の皮と毛ができる時期
         甘いものを食べたり、のんびりしましょう
                

             深海魚などを食べ過ぎると 出産が遅れる
             出産が遅れた時は ヤギ汁を食べる

 

妊娠3ヶ月〜5ヶ月は 

オイスターが一番栄養バランスが良く
この期間はしっかり飲みましょう

6ヶ月以降は 
チキンエッセンスなどで
高タンパク低カロリーを手助けします

妊娠中毒症など引き起こすのは、
カロリーの取りすぎや
身体を構成している成分以外の
油やタンパク質を取りすぎた場合に起こります!
 
一日の摂取カロリーを1600kcal以下に抑えることが
奇形やダウン症などが少なくなると言われています
ただ闇雲に カロリーを制限するのではなく
きちんとした栄養素を補い バランスの良い食事を取りましょう
食事がきちんとできない場合は
素材がはっきりわかり、原材料にこだわったメーカーの
サプリメントを選択しましょう
錠剤ならば 必ず噛み砕いて味見をして見て下さい!!
飲んで大丈夫か 自分の舌で判断してみましょう

 

授乳期は ご相談下さい!

 

抗リン抗体が高い時

JUGEMテーマ:不妊治療

 抗リン脂質抗体症候群は、不育症などの原因になりますし、
着床障害を引き起こします

抗リン脂質抗体症候群の検査を行っても治療法がありません
抗リン脂質抗体が高くなる理由は はっきりしていないのですが
仮説をたてています


通常は リン脂質の周辺を コレステロールや中性脂肪、タンパク質などが複合して被膜を作ることで 
卵胞表面が酸化されるのを防いでいます。

栄養バランスが悪いと、被膜の材料が不足すると リン脂質がむき出しになります
むきだしになると脂質が酸化されてしまいます
酸化された脂質に対して 免疫細胞が酸化物=異物
と認識することで
抗体ができてしまいます
スクワレンが多く含まれる「深海サメエキス」
ミネラルやアミノ酸バランスが良く、酵素がふんだんに含まれる
牡蠣肉のエキスなどで酸化防止することで
抗体が産生されにくくなります
内膜が固くなってきた場合には「乳酸菌産生エキス」
服用していると内膜が軟らかくなります

漢方薬だけの治療にも限界がありますので
サプリメントや温熱療法やアロマテラピーを組み合わせて
子宝相談をしております
妊娠力をアップする養生法

JUGEMテーマ:不妊治療

 生理や基礎体温の状態は、あなた自身の生活習慣によって起こります
それをチェックして、体のバランスの乱れに気づく事が大切です
体質がわかったら、生活リズムを整えることから始めてみましょう。
「生理期」「卵胞期」「高温期」の時期に合わせた養生をすることを紹介します

要点は

1 生理期には、不要になった子宮内膜をすっきり排出し、再生と修復を促します。

2 卵胞期には、質のいい卵になるように体に充分な栄養を与えます

3 高温期には、体を温めて受精卵が着床しやすくします。

 

女性が本来持っているからだのリズムを回復させることで、

ホルモンバランスを整え、妊娠力を高めることがねらいです。
食べ物や服装など運動、ストレスも関係しています

生理〜排卵までの期間 

生理で子宮の粘膜に溜まった老廃物を排泄しているので新たに内膜を形成する時期です
子宮内膜の浄化と修復と再生を促す事が必要です

そのためには、下半身を冷えないようにしましょう。
どうしてかというと、骨盤下部には大切な臓器がたくさんあるからです。
おなかまわりは、太ももまわりを比較した場合には、
体積あたりの表面積が小さく熱の放射も少ないです。
お腹を冷えないようにするのは当たり前ですが、
脚を冷えないようにする事をおろそかにしていないでしょうか。
パンストで締めると暖かいかもしれないですけど、締め付けるとリンパの血流は落ちます。
下半身を動かして熱量を増加させないとリンパの血流はよくなりません。


子宮や卵巣など女性にとって大切な臓器がある場所。
ここが冷えてしまうと、妊娠力には大きなダメージが及ぶのです
冷えが慢性的になるとカラダは 恒常性を維持するために、
ホルモンを使い体温を上昇させるのです
暖かい服装で、しかも締め付けないようして冷えをガードしましょう。
重ね着の場合は静電気がおきにくい組み合わせにすることも大切です

冷えが悪いことは理解できたでしょうか?
生理で血液を失うこの時期は、栄養状態や体力が低下しやすいとき。
消耗する「気」や「血」を補うために、
海のミルクと呼ばれる「牡蠣肉エキス」でしっかり栄養補給をしましょう
冷たい飲み物や食べ物をとると、ホルモンバランスの影響で体温が低い生理中は、
冷たいもの、体を冷やす生ものは厳禁。
暖かいお茶や食べ物をとるよう心がけましょう。
質のいい卵子を「育てる」力を高めるためには良質のたんぱく質が必要です
卵胞が育つのは夜が中心で、排卵も夜に起こることが多いといわれています。
夜更かしすると卵を育てる「血」が消耗されるため、
赤ちゃんが欲しい人は充分な睡眠をとりたいもの。
22時〜2時の間はしっかりと眠る事が大切です

受精卵が着床しやすい体になるには
排卵までは高蛋白低脂肪分の食事が大切でしたが
高温期には黄体ホルモンの働きにより、血液が若干濃くなります。

内膜に質のいい脂を供給するために起きるのですが、その脂を分解するためには
しょうがやにんにくで体の内側から温める食材が必要となります。
そうすることで、受精卵にとって居心地のいい状態になります。

この時期に精神状態が不安定な方は、血液をしっかり充実させましょう。

皮膚のトラブルが起こりやすい方は、血液をきれいにしましょう。冷えはやはり対敵です。

着床後の不安点を解決

JUGEMテーマ:不妊治療

体外受精で妊娠反応が出ても数値に不安があり心配
妊娠判定日の採血で、βーhcgが41と低く、
さらにP4が3.6と低かったので、
オオホルミンの注射(その日のみ)とデュファストンの服用を5日間処方され、
とりあえず5日間は指示どおりにしました。
その5日目に再び採血 βーhcgは765にまであがっていたので、
妊娠はしているとのことでしたが、
P4が1.5と、さらにさがっていました。
移植時のホルモン値は問題なかったのですが、
この時期10は必要とのこと。
確実に着床して、hcgがあがれば、P4もあがってくると思っていたのですが、
この数値ちょっと心配
なぜP4はあがらないのか また、P4をあげるには、何が必要?
 
P4というのは プロゲステロン【黄体ホルモン】です
成熟した卵胞から分泌されます
 
採卵時にホルモン分泌能力がある成熟卵胞をとると
プロゲステロンを製造する細胞が減るので
ホルモンが低下しやすくなります

FSHやLHで卵胞刺激をすると、
未成熟な卵胞が成熟するために
ホルモンをつくれる卵胞が一時的には増えます
しかし使いすぎると 未成熟卵胞も減ります

漢方薬は原始卵胞から未成熟卵胞も増やしますし
ホルモンの合成に必要な物質を含んでいます
ホルモンの前駆体【ホルモンにすぐ変わる物質】のひとつに
スクワレンやガンマリノレン酸などがあります
ホルモンの働きが低い時にサポートしてくれます