シミができる原因 その2 紫外線

紫外線によって進む肌老化を「光老化」と呼び、
肌老化の原因の第一位でしょう

1、紫外線を浴びると、
 基底層にあるメラノサイトで
 チロシナーゼ「銅イオン含む」が活性化し、
 ドーパクロム「クロムイオン含有」を経て
 メラニン色素を生成して
 紫外線からのダメージを抑えようとします。

 新陳代謝が良ければ細胞が入れ替わり
 メラニンが排出されて肌は元の状態に戻りますが、
 新陳代謝が低下していたり
 繰り返し紫外線を浴び続けていると、
 メラニン色素が排出されなくなって、
 やがてシミとなります。


2、紫外線を繰り返し浴び続けると、
 メラニン色素をつくるメラノサイトが活性化しやすくなります。
 以前の肌状態に戻りにくくなります。

3紫外線のUV-AとUV-Bのうち、
 UV-Bには直接DNAを傷つける働きがあります。
 紫外線を続けて浴びると、
 ターンオーバーが乱れて、
 古い角質が溜まってメラニン色素を含んだ細胞が溜まり
 肌に透明感がなくなります。
 未熟な角質は十分な水分保持ができないため、
 肌が乾燥して肌トラブルにつながります。