ニキビに効く 洗顔〜化粧

JUGEMテーマ:ニキビ(にきび)治療


ニキビこそ シンプルなケアが大切!
一番のニキビ対策の基本は、毎日の洗顔と保湿です。


 

石鹸や洗顔料、化粧水が悪いとニキビで亀裂の入ったお肌から
石鹸や洗顔料、化粧水の保存料や添加物が入り込みます。

朝のお手入れ


基本は、ぬるま湯でお顔をジャブジャブと洗ってください。
 

思春期の方や、オイリー肌の方、夜のケア強い油性のクリームや

浸透の悪いオイル等を使った時は、石ケン素地と水だけで作られた

さっぱり透明感の出る虎杖(コジョウ)石鹸を使用します。

 

乾燥の強い方や敏感な方は、純石鹸素材に油分が配合された

あらいはま石鹸を使用します。

 

どちらもネットを使用して、水分の少ないモコモコ泡を作り

押し洗いをします。

 

 

ニキビ肌には、スクラブ入りなどの洗顔料は刺激が強すぎたり、
お肌を傷つけてしまうので気をつけましょう。

 

● 洗顔料をよく泡立てることによって、泡が手と顔の皮膚の接触をカバーして

 刺激を和らげてくれます。よく泡立てることで、すすぎも早く

 お肌に刺激がかかりにくいです。

 

●洗顔で大事なのは、押し洗いのように軽くやさしく洗う事です。

 ゴシゴシと何度もこすったり、時間をかけて洗うのは

 お肌に余分な刺激を与え、お肌トラブルを引き起こし

 かねません。

 

 

●すすぎが終わったら、清潔なタオルで押さえるようにして

 やさしく水気を拭き取りましょう。


●そのあとは、基礎化粧品で仕上げます。


夜のお手入れ


クレンジングで、メイクを落とします。

基本

クレンジングと洗顔が一緒になっているものはお薦めしません。

ファンデーションの油性を、クレンジングの油性で

浮き上がらせ落とします。

その後、クレンジングの油分を洗顔料で落とします。

この工程を省くと、毛穴に汚れが溜まりくすみ肌の

原因になります。

 

使用したファンデーションの種類により、クレンジングの種類を

選択します。

 

ウォータープルーフのように、なかなか落ちない

ファンデーションやカラー類、強い日焼け止めを使用時は

オイルタイプのクレンジング。

 

通常のファンデーションや弱めの日焼け止めなど使用時は

ミルクタイプのクレンジングを使用します。

敏感肌の方は、ナチュラルクレンジングミルキーを使用します。

 

夜の洗顔も、朝の洗顔と同様に石鹸を使用した洗顔をします。

クレンジングの油分を取ろうと、ゴシゴシ洗いは

お肌に刺激を与えます。

しっかり固いモコモコ泡を立て、やさしく

押し洗いをしてください。

 

その後は、基礎化粧品で整えます。

 

スカイローションを使用することで、毛穴の皮脂やアクネ菌の

バランスを取り毛穴を引き締めてくれます。

また、化膿したようになったニキビの炎症を抑えてくれます。

材料まで無添加のスカイローションは、お肌に刺激がないため

二次的な肌トラブルをおこしません。

毛穴の汚れの酸化を還元するので、透明感が期待できます。

 

スカイローションでケアしたあと、γ-リノレン酸が豊富な

浸透性の良い美容オイル炭酸スカイビューティーを

薄く使用します。

お肌にできた細かな傷を素早く修復して再生し、ニキビを

出来にくい肌に導きます。

浸透性が良いので、着け心地は軽く、ベタつかず

サラッとします。

 

最後に、シースカイジェルクリームを使用します。

ニキビ肌の方も、水分は少なく乾燥しています。殆ど水分で出来た

シースカイでしっかり保湿します。

お肌の保護も出来るタイプなので、クリーム等は

要りません。

オールインワンジェルタイプで、簡単です。


メイク

ニキビやトラブル肌の時は、特殊な使い方をします。

まず、パウダリーパクトを使用し、毛穴が呼吸できる

スペースをつくります。

その上から、アンジェラエッセンスファンデーション

または、アンジェラケーキでメイクします。
ホワイトリリーのエッセンスファンデーションは

セラミドが入ったお肌に優しいファンデーションです。