油が老化を促進する!

 トランス脂肪酸の弊害

植物性油だから健康によい??
「エコナ」だからメタボは心配ない?!
実はそうではありません!!

マーガリンの塊をお皿にのせ放置しても
まったくカビが発生しません!!
虫は一匹としてマーガリンに寄ってはきません!
マーガリンの構造はペットボトル(プラスチック)そっくりです
ニッケルや白金を触媒にした「水素添加」という方法を使って
無理やり 油の性質を変えて作ったものがトランス脂肪酸です

トランス脂肪酸や
悪玉の飽和脂肪酸を摂取していると
脂肪細胞に取り込まれないまま 血管壁にこびり付き
酸化されてしまいます
静脈硬化?!←こんな医学用語はありませんが・・・
静脈や毛細血管が硬くなります
ペットボトルを無数にカラダにぶら下げているような感じですね!


トランス脂肪酸を多く含む食品トップ10
  品名 食品例
1 スプレッド(パンなどに塗る製品) マーガリン、ショートニング
2 粉ミックス ケーキ用小麦粉
インスタントラーメン 
ファーストフード フライドポテト
冷凍食品 冷凍チキン
オーブン食品 ドーナツ・パウンドケーキ
スナック菓子 ポテトチップス
8 シリアル 
クッキー チョコレート  
10  ホイップクリーム コーヒーフレッシュ、ドレッシング

アメリカ国内での調査結果です。

菓子パン
クラッカーケーキ、チョコレートスナック菓子アイスクリームフライレトルトカレーなど多くの加工食品に入っています
「ショートニング」「加工油脂」は、すべてマーガリンの仲間で、
トランス脂肪酸が大量に含まれている可能性があります

引用:病気がイヤなら「油」を変えなさい! 山田豊文著 河出書房新社