アトピー その2 ステロイドの離脱

アトピー性皮膚炎はステロイド治療が一般的です
「ステロイドには副作用がつきもの」と思い、止めようとしても
ステロイドは習慣性が強く長期的な利用を続けている場合では
薬物が体内から消えるまでの期間は強い離脱症状(リバウンド)に悩まされます。


ステロイドを止めると薬で押さえ込んでいた症状が現れます
何も対策をしないまま薬だけやめた場合は、リバウンドが起こるのは当然です

ステロイドをやめた場合は ステロイドの作用による末梢血管収縮はなくなります

末梢まで普通に血液が流れてきます

末梢に老廃物がたくさんあれば、白血球などの免疫を担当している細胞が

溜まっている老廃物を処理します

保湿力の強いゲルをたっぷり塗ったり、クレイの入った無添加のローションなどを使って

老廃物を排泄しながら治していくのをお勧めしています


クレイが体の中の毒素を吸着したり排出しますので

一時的に肌のトラブルを起こす事もありますが、ステロイドを使う頻度を減らしながら
お肌が自然の力を取り戻すのを待てば治っていきます



漢方薬は皮膚に溜まった毒素の排泄を促すので併用します
漢方薬とスキンケアの組み合わせによって

リバウンドが少なく少しでも短期間に 改善できるように手助けしてくれます

 

JUGEMテーマ:アトピー性皮膚炎