新着情報

有限会社イナイ
有限会社イナイブログ
ベジタブルオイルRevi
漢方相談
漢方アロマエステブログ
シースカイ
ブランズチキンエッセンス
漢方美容研究会
漢方美容研究会ブログ
漢方のイナイ


カテゴリー
問い合せ

検索看板



RSS 1.0 ATOM 0.3
貧血に効くものは体質で異なる

JUGEMテーマ:健康

 

婦宝当帰膠、瓊玉膏、六君子湯、当帰芍薬散、四物湯
オイスター、ササヘルス、プルーン、鉄剤、亜鉛剤、プロテイン

はたして貧血に効くのはどれなの??

 

 

まずは、漢方薬でみると下記の3つのタイプがあります。

 

「当帰」「地黄」・「鹿茸」
       
当帰タイプ

メトヘモグロビン血症などの改善に良い
肌から産生する熱が少ない

 

当帰は、可視光線のパワーを吸収する作用があり
体内に太陽エネルギーを伝達しやすく

赤血球の生成過程での邪魔なものを取り除きます。



        

 

地黄タイプ

肌の表面がくすんでいて、カラダが温まると「独特の体臭」がする

 

地黄は、石油や人体に有害な「油」を除去し、毛細血管のゴミを取り、

ホルモンの活性を上げて、正常な血液を作る条件を整えます。

 

 

鹿茸タイプ

胃腸の機能、特に脾臓や胆嚢の機能が、衰弱している人に良い

 

鹿茸は、鹿の角の骨髄の部分です。造血幹細胞のような作用です。

脂溶性が高いので、ササヘルスを溶解剤として併用すると良いです。

 

 

 

漢方薬だけでは貧血は治りません!

考えなければならないのは

赤血液の原料となるものを入れてあげる事なのです。

 

 

≪タンパク質が足りてない人≫

高タンパク低脂肪のブランズチキンエッセンス

 

 

≪緑の色が濃い野菜が不足している場合≫

緑の血液と呼ばれる葉緑素(鉄クロロフィリンNa)が入ったササヘルス

 

 

≪貧血が原因でとにかく疲れやすい場合≫

 梅配合で防腐剤不使用の、牡蠣肉エキス梅梅オイスター

 

 

どの処方がその人に必要かは、自覚症状だけでの判断ではなく
■しわの入り方・肉のたるみ具合

■肌のくすみ・肌の色
■肌から感じる輻射熱 

■臭い     

 

など・・・漢方独特の判断基準があります。


 
貧血は単なる栄養障害ではなく
赤血球を製造する過程で

血球の材料不足、酵素の障害、老廃物などの蓄積が

血液の製造をジャマしていますから、血液が足りなくなります。

 

また、正常な血液も脾臓で破壊してしまっている場合があるので

よく考える必要があります。



一般的なタイプならば、基本は元気な方ですが
栄養不足や睡眠不足で「小じわ」や「たるみ」がある場合は

牡蠣肉エキスの梅梅オイスターササヘルスで大丈夫!!