新着情報

有限会社イナイ
有限会社イナイブログ
ベジタブルオイルRevi
漢方相談
漢方アロマエステブログ
シースカイ
ブランズチキンエッセンス
漢方美容研究会
漢方美容研究会ブログ
漢方のイナイ


カテゴリー
問い合せ

検索看板



RSS 1.0 ATOM 0.3
妊娠の仕組みを知る

JUGEMテーマ:不妊治療

自然周期では、スタート段階では約10〜20個の卵胞があり、

最終的には1個の卵胞が残ります                  
卵胞刺激ホルモン(FSH)によって発育した卵胞から、エストロゲンが産生されます。 
エストロゲンが十分な濃度になり、子宮内膜が厚くなり卵子が成熟すると、
FSHのかわりにLH(黄体化ホルモン)が出てきます 

LHが最終的に卵胞に作用し、排卵を促します
FSH、エストロゲン、LHの3つが正常に働き排卵が起こります。

排卵した卵胞は、卵管采で受精し、卵管の中で細胞分裂を起こしながら 
約4〜5日かけて子宮へ戻って着床し、胎児となります

正常な妊娠が起こる機能があるかどうかを調べる方法として、

男性は精液検査で精子の数や運動率を調べ、               
女性はホルモン検査、LH、FSH、E2(卵胞ホルモン)を測ります。

LHは尿のキットで簡単に測定でき、排卵の予測が可能です。

基礎礎体温は、二相性になっているかどうか、

月経周期が正しかどうかをみる上で非常に重要ですから、

基礎体温も測りましょう。
卵管造影は、卵管が開通しているを調べる方法で、         
腹腔鏡検査は卵管の周囲に癒着がないかを調べる検査です。

妊娠できるかどうかを知るために、以上の検査が必要となります。