秋になると 急に「むくみ」が・・・

 

毎年9月頃になると 必ず 目の周りが腫れぼったい
手足が浮腫みやすい
このような相談が多い!!
その他

■アレルギーでもないのに 毎日咳が出る
■夜中に目が覚める
■めまいがする
■自律神経が乱れる
■オシッコが近い


この時期に急に起こった場合は 身体の「湿」が関係しています

身体の水分は 腸 → 便、膀胱 → 尿に 
それ以外は毛穴汗腺から蒸発、として処理されています
「水分」をどのルートから排泄するかは、
自律神経がコントロールしてバランスを取っています

身体は 寒さから温かさへの変化には対応しやすいのですが
温さから寒さへの変化には対応し切れません!
それは 温度変化に対して 毛穴の開閉で恒常性を維持しているからです

寒さから温さへの対応は体内の過剰な熱を汗として出して順応させます

温さから寒さへの対応は毛穴を閉じて汗がでるのを防ぎ対応しています
 寒いとブルブル震えるのは摩擦熱で体温を上昇させようとする身体の防御反応です。
 鳥肌や寒イボというのも 毛穴を塞ぎ汗を止める反射反応です。

 

 

 

 

「むくみ」の原因 

 

/佑凌搬里狼泙並硫垢諒儔修起きると、

 その変化(汗)を止めようとする反応が

 手足の方から優先されて起こります。

 手足から出ることができなくなった汗(水分)は

 顔や首などのように皮膚の薄い部分に向かい

 そこから汗として吹き出たり、

 その過剰な水分が

 「めまい」「耳鳴り」「咳」「むくみ」を起こしたりします。
    
7月や8月は 
 高温多湿の為に汗がどんどん出るので、
 身体は汗による急激な水分の漏出に備えて、
 余分な水分を蓄えています。
 その流れで
9月に入っても急には
 汗腺の開閉のコントロールできません。
 その為に昼間の気温が上昇すると、
 夏場のように急激な水分の漏出があると困る
 という指令が脳に行きカラダは水分を貯蓄しようとします。

 

 

 でも現実は夏ほど汗があまり出ないので

 「水分」は過剰になります。
 この水分の過剰が「水毒:むくみ」と呼ばれ体調不良を起こします

 


 9月に入って 「太ったの?」「浮腫んだの?」
 どちらかわからないと悩んでいる方は すぐ相談下さい!!