甲状腺機能低下と不妊
不妊相談で案外多いのが
甲状腺の機能低下や亢進で 不妊になっている場合です

甲状腺機能が低下していると
体温が低下→女性ホルモンが生成しにくい
病院に行くと 妊娠すれば甲状腺も良くなります!と言われますが
甲状腺の機能が低下すると 不妊の原因になりますし
着床しても 妊娠が継続しにくくなります

甲状腺ホルモンは
アミノ酸から作られるペプチドホルモンであり
ペプチドホルモンは
体内のホルモンの中で最も種類が多いホルモンです

甲状腺ホルモン合成は
芳香族アミノ酸の一つのチロシンを材料にして
レシチン錯体のヨード+鉄イオンが触媒反応して
作られて行きます

漢方治療のポイント

醗酵大豆漢方薬で甲状腺ホルモンの材料を供給

オイスターなど海洋性のミネラルを摂取し
 ヨードがマイナスイオンの状態で摂取できるようにする

■強いハロゲン酸化物(塩素 臭素)は
 ヨードがマイナスイオンの状態を維持できなくするので
 摂取を気をつける
 臭素酸カリウムは パンの生地改良剤に用いられています

 ●アルカリ土類金属(カルシウム、マグネシウム)などの摂取
 
 ●抗酸化が強い漢方薬を服用

■甲状腺ホルモンが血液中で安定するように
 上質のタンパク質をサプリメントで補給する

■甲状腺機能が低下したり亢進したり安定しない場合は
 不必要になったホルモンが
 腎で排泄されていない場合が多いので 漢方薬を服用し
 腎機能を高めます
 
 ★病院で処方される 甲状腺ホルモン補強剤は
  本来は必要なくなった甲状腺ホルモンを再利用し
  ホルモン濃度を高めるだけで 根本治療ではありません