新着情報

有限会社イナイ
有限会社イナイブログ
ベジタブルオイルRevi
漢方相談
漢方アロマエステブログ
シースカイ
ブランズチキンエッセンス
漢方美容研究会
漢方美容研究会ブログ
漢方のイナイ


カテゴリー
問い合せ

検索看板



RSS 1.0 ATOM 0.3
「にきび」に使う薬は・・・

JUGEMテーマ:ニキビ(にきび)治療

 

≪病院で処方される代表的なお薬と欠点を紹介します≫

 

 

◆ディフェリン(アダパレン)の外用

 

〔効果〕

 

毛穴詰まりに作用することで、ニキビの進行を防ぎ

ニキビを減らす効果があります。

 

〔原理〕

 

アダパレンとは、油性が高いビタミンAの一種で

油で油を掃除する意味合いのクスリです。

 

〔欠点〕

 

ニキビの数が少なくなっても

一つ一つのニキビが固く活発になる方

あるようです。

(漢方美容研究会 会員店からの集計結果)

 

 

◆ベピオゲル (過酸化ベンゾイルを有効成分とする治療薬)

 

効果 副作用〕

 

劇的に効く方もある反面

ヒリヒリしたり、乾燥するなどの肌トラブルや

肌が粉っぽくなる・皮膚が剥がれる・赤みを伴うなど

肌が敏感になってしまう恐れがあります。
 

 

◆ダラシンTゲルなど抗生物質

 

アクネ菌を殺菌する作用がありますが

効果がある方はすぐ効きます。

だらだら使わないことです。

 

 

肌が弱い方は

アクアチムクリームの方がお勧めです


 

 

※ニキビ治療に使われる代表的な抗生物質


内服薬の

 

ルリッド・クラリス・ミノマイシン・ルリッド、クラリスは 

下痢など比較的副作用が少ないのですが

 

マクロライド系薬剤は、人の酵素系に対しては

決していいものではありません。

  

 

ミノマイシンは

 

重度のニキビに処方される薬ですが長期的に服用すると

色素沈着などの、副作用が起こる可能性があります。