ホルモン補充は・・・不妊治療には不向き?

JUGEMテーマ:不妊治療

不妊治療では ホルモン補充療法をしていることが多いですね

ただし、処方される薬は馬の卵巣から抽出した卵胞ホルモンや合成黄体ホルモンを使う事が多いです

ホルモン剤が不妊治療には不向きなのか?

その点について解説します

ホルモンは臓器に蓄積性されると排出が難しい油性物質です

臓器は汚染物質の汚染を防ぐための セキュリティーシステムがあります

それを 血液関門と呼びます

生殖器の場合は ヒトのホルモン以外の良く似た構造のものが
簡単に入ると困るので血液関門でブロックされます

子孫繁栄のために 使用されるホルモンというのは

ホルモンが直接外から入り込むのではなく、卵巣で他の材料(コレステロール)などから
ホルモンを独自で作ります

汚染物質などの影響が起きないためです


子孫を残す為に直接関係のない臓器(胸や筋肉、皮膚、髪の毛)にも働きかけます
独自に作っていたら供給量が足りなくなるので
これらの臓器はそれほどブロックは厳しくありません

だから子宮や卵巣の生殖補助において
馬の卵巣からのホルモンや合成ホルモンを飲んでも
不妊治療には思うように効果が上がりません
更年期障害などに薬は効きますが、不妊に使っても副作用が出やすい
生まれてくる子供に先天障害が多いのは 
ホルモン剤を生殖補助に使うからでは無いか?と心配しています
それなら、漢方薬などはどうでしょうか?
漢方薬やサプリメントを摂取すると
卵胞内で アロマターゼというエストロゲン産生の酵素に作用し
エストロゲンを自力で作る作用が期待できます
そのほか
ホルモンのバランスをとる漢方薬や卵胞の酸化も抑える漢方薬もあります
着床に必要な糖質栄養素などを食事で十分にとるのも大切です

ホルモンを自分で作れるカラダに導くのが漢方の考え方なのです!!