呼吸が浅いと「冷え性」になる?

呼吸が浅いと「冷え性」になるの?
産熱熱放射のバランスが崩れると
冬は「冷え性」 夏は「暑がりの体質になります
血液の対流による熱放散は主に「肺」からのものです
その他に毛穴からの蒸発による気化熱があります

発汗量は 皮膚から500〜700ml/日 肺から150〜450ml/日  30℃で 1mlあたり 0.58キロカロリーの気化熱と考えると
毛穴や粘膜からの目に見えない発汗がいかに大切か思い知らされます!!

この他 
A 血液が深部から体表面に対流することでおこる
  体表面からの赤外線伝導放射

B エクリン汗腺からの目に見える汗(=液体状態での発汗)
  「湿性熱放射」があります

熱放散エネルギーは A>Bで
血流が熱エネルギーの運搬に大きな影響を与えます

では血流低下はどうやって見分けるのか?

口の周りが蒼くなる

 深部体温の体表面への熱放射が低下すると  
 粘膜から粘膜周辺部への血流が低下します
 口〜肛門までは同じ1本の管です
 腸の血流低下を口周辺の血流低下で状態が推測できます
 
目の周りがピンク色になり「むくみ」が起こる

 ,汎韻源が目の粘膜でも起こります

産毛が生える
 
粘膜への血流低下は
 粘膜の防御システムにも大きな影響があります
 産毛が生える事で冷えから粘膜を守ろうとします

冷え性から「しみ」や「小じわ」も増加します
 冷えが関係する「しみ」「しわ」は目の周りの起こります