生理の周期が短い
生理が飛んだり遅れるのは血液が充実していなかったり
血流が悪い、ホルモンの機能が低下している・・・などがあります
生理の周期が通常よりも短い場合には
漢方薬の選び方にはコツがあります

生理周期に中で「高温期が短い」というのは
「黄体ホルモン」の分泌が低下していると考えるのが普通です
基礎体温が高温期に移行しても途中で2日以上続けて体温が低下してしまう
このような場合は「ケイギョクコウ」などでホルモン補給が必要です
食事に偏りがある方は「スクワレン」などを加えて見て下さい

「ケイギョクコウ」で更に生理周期が短くなる方は
「黄体ホルモン」分泌は低下してないと考えます
精神的にせっかちな方が多いようで
子宮に血液が流れ込みすぎて粘膜にうっ血が起きている事があります
子宮粘膜に至る血管は 動脈と静脈がコイル状に絡み合っています 動脈にうっ血が起こると静脈血が流れにくくなります
うっ血が生理を早めます
着床しても「うっ血」があると流産しやすいので
人工授精してもなかなかうまく行きません

大麦若葉などで血液をきれいにし、漢方薬でうっ血をとると
着床しやすくなります
また、内膜が薄めの方は「大豆イソフラボン」なども必要です