ブランズチキンエッセンス

鶏を丸ごと原料にするチキンエッセンスには

 ●基礎代謝の亢進
 ●血糖値および血圧の正常化
 ●肝機能の向上
 ●免疫力増強
 ●母乳分泌促進
 ●貧血防止

このような働きがあります

鶏ガラスープとは違う
「内臓を抜いた鶏を丸ごと使うチキンスープ」。
中国では薬膳料理として4000年前から、西欧では160年前頃から“自然のペニシリン”とも呼ばれカゼ薬代わりに使われてきました。鶏ガラスープの替わりに調理に使うと、美味しく栄養豊富な逸品ができます。

アンセリンとカルノシンは、β-アラニンとL-ヒスチジンが結合して出来た動物由来のヒスチジン含有ジペプチドです。

【効果】
ヒトの体のpH値の正常化、金属キレート作用、活性酸素を消去する抗酸化作用があることが知られいて、アンセリンとカルノシンは、次のような作用をもちます。

激しい運動や酸素消費の高い脳や筋肉の組織を保護する作用や抗疲労作用
必須微量金属ミネラルの運搬作用
活性酸素を消去することで老化を抑制する作用
さらに、
最近では糖尿病関連の病気の原因となる
高血糖と、酸化ストレスで生成が促進される物質、
これらの生体内生産を抑制する作用が期待されています。   
高タンパクで低脂肪のチキンは、肉類の中ではヘルシーなタンパク源です。さらに最近の研究により、チキンのよさが改めて解明され、わかってきました。
それは、発ガンや老化に深く関わる活性酸素を撃退する抗酸化物質「アンセリン」と「カルノシン」です。

【アンセリン】
アンセリンはガチョウの筋中から最初に発見されたもので、ウサギの筋肉中に多量に含まれています。ウサギ以外ではカツオ・マグロ・サケなどの大型回遊魚、そしてチキンに多く含まれています。

【カルノシン】
カルノシンは肉のエキスの中から発見されたもので、牛や豚、それにチキンに多く含まれています。

動物性食物由来のアンセリンとカルノシンを同時に多く含む肉はチキン、チキンが最も効果的な食材といえます。


美容面にもとてもお勧めです
とくに 笑った時に鼻に縦シワが入る方は蛋白不足の場合が多いので チキンエッセンスオイスターがお勧めです

チキンエッセンスのお買い物