着床後の不安点を解決

JUGEMテーマ:不妊治療

体外受精で妊娠反応が出ても数値に不安があり心配
妊娠判定日の採血で、βーhcgが41と低く、
さらにP4が3.6と低かったので、
オオホルミンの注射(その日のみ)とデュファストンの服用を5日間処方され、
とりあえず5日間は指示どおりにしました。
その5日目に再び採血 βーhcgは765にまであがっていたので、
妊娠はしているとのことでしたが、
P4が1.5と、さらにさがっていました。
移植時のホルモン値は問題なかったのですが、
この時期10は必要とのこと。
確実に着床して、hcgがあがれば、P4もあがってくると思っていたのですが、
この数値ちょっと心配
なぜP4はあがらないのか また、P4をあげるには、何が必要?
 
P4というのは プロゲステロン【黄体ホルモン】です
成熟した卵胞から分泌されます
 
採卵時にホルモン分泌能力がある成熟卵胞をとると
プロゲステロンを製造する細胞が減るので
ホルモンが低下しやすくなります

FSHやLHで卵胞刺激をすると、
未成熟な卵胞が成熟するために
ホルモンをつくれる卵胞が一時的には増えます
しかし使いすぎると 未成熟卵胞も減ります

漢方薬は原始卵胞から未成熟卵胞も増やしますし
ホルモンの合成に必要な物質を含んでいます
ホルモンの前駆体【ホルモンにすぐ変わる物質】のひとつに
スクワレンやガンマリノレン酸などがあります
ホルモンの働きが低い時にサポートしてくれます