脳にいいのは?
(相談例) 
3年前にジムでトレーニングしている時に脳梗塞をおこし
倒れた。
それ以来イチョウ葉エキスを中心に
水素カルシウムや田七人参や漢方薬などを飲んでいき、
順調に回復していきましたが、
最近熱が37度弱と高めでほてり感は最初より減ってきました。
血圧は120台、あと鼻血が増えてきました。
先日、病院で動脈瘤のチェックをしました。
大きくはなっていないけど、小さくもなっていないとのことです。
イチョウ葉を継続してみますが、変わりがないので
漢方医に相談してみたら、「ヒルやミミズ」を進められましたが、
いかがですか。                 40歳 男性
 
ヒル=水蛭 ミミズ=地竜は
額や顔にアザシミが多い方に使います
アザやシミは静脈に障害があれば起こりやすくなります
ヒルやミミズは血液の塊を溶かす作用消炎作用がありますので
静脈の障害とそれに伴う動脈の炎症に使います

静脈血の酸素と結合していないヘモグロビンは
ちょっとしたことで磁性を持つようになります
磁場を帯びた血液は血栓になりやすいのです

ヒル【ヒルジン】が血液の塊を溶かします
ミミズの場合は 強いミネラルが体を冷却します
あまり長期に使うと
肝機能障害があったり腎臓に良くありません

そこで今回の動脈瘤は血液の塊ではなく毛細血管が弱くなる事でおきたものです。
動脈血の流れ血液粘度末梢血管抵抗が重要です
血液のドロドロや血管抵抗を注意すればだいぶ良くなると思います。

イチョウ葉末梢の血液酸化防止血管の弾力アップ、
血小板の凝固の亢進を正常化します

田七少し太めの血管の流れを良くします

地黄製剤は血液自身を整えて質の良い血液をつくりますので
梗塞後の脳細胞の修復に対して処方してきました

大麦若葉は葉緑素とアルカリミネラルが豊富です
赤血球同士が引っ付くのを抑えてくれますし
緑のものは弱い冷却作用があります

(補足)
この方に最初水素カルシウムを用いたのは、
相談時に化学物質のような体臭があり
実際の仕事では 塩素化合物金属粉に接触していました
塩素により血管壁が酸化している可能性があり
アルミなどの金属により腸管表面の酸化還元電位が上昇
腸に悪玉菌が生息しやすい状況になっているようでした
水素カルシウムはマイナス水素イオンを放出するため
還元作用があります