1月20日 湿度について
 本日の発見

最近寒い日が続き暖房が必要な時が多くなりました。
そんな寒い冬に室内で快適に過ごすには、
湿度が大切である
と知っているの人も多いと思います。
体の健康にとっても湿度が重要です。
室内が乾燥し過ぎると細菌やウィルスも繁殖しやすくなります。

冷たい空気というのは、
温かい空気に比べて水分を保つのが難しいので
冬は空気が乾燥するのです。
寒い時には暖房を付けて部屋を温めようとします。
すると、暖房の熱で空気中の水蒸気が蒸発し、
室内は乾燥します。
また乾燥した空気は、
湿度のある空気よりも寒く感じるので、
さらに部屋を温めようとする悪循環になるのです。
そのため湿度のある空気を保つため
霧吹きや加湿器を使用しなければいけません。

★湿度が上がりやすくする方法
暖房をつける前に一度濡れたタオルで床掃除、
霧吹きでざっと湿らしてから暖房をかける
暖房をつけた後に加湿器で湿度をあげるより効果があります

冷たい環境に暖かい空気を送り込むと
暖かい空気は下より上に上昇します。
そのため最初に霧吹きなどで湿らせておくと
それが蒸発し上昇して拡散していくため
部屋全体に水分が行き届きます

暖房をつける前に湿らせておくことが大事です!!