漢方的からだ年齢

JUGEMテーマ:不妊治療

妊娠力は、本来年齢とともに緩やかに低下していくものですが、
人はそれぞれの生活習慣があり老化のスピードも人それぞれです
カラダに良い事をしたり カラダに良いものを飲むことも大切なのですが
カラダに悪いものを摂取しない、経皮吸収や気化した物質を吸い込まない事も大事です。

体内に蓄積したものはきちんと排泄することが大切です。

体が毒素を排泄するのは、大便、尿、汗のほか、呼気、爪、毛髪、皮膚などがあります。

足の裏から毒素を出すのも大切な事です。(クレイ足浴がお勧め)

裸足になり砂とか小石の上とか、青竹を踏んだり、爪揉みをしたり下半身をきちんとケアしてください。

それをするだけでも、子宮に老廃物を溜まるのを防いでくれます。
「からだ年齢」が実年齢より若くなるのは「妊娠力を高める」ことになります

昔のひとは、6,7人の兄弟が当たり前だったと思うんですけど、
戦後は食事が今と比べて豊かではなかったので、
食べ過ぎたりしなかったしカラダを動かしていました
漢方というものは、カロリーがあまりなく栄養素が多いもの。
コンビニとかの食事は、栄養素がなくてカロリーが高いもの。
栄養素がないとむくんだり、太ったり、体臭がしたりします。
身体に余分なもとが溜ります

毛染め、シャンプー、入浴剤、化粧品などの化学物質は皮膚から吸収され、
子宮などに溜まりやすいものです。

シャンプーや入浴剤については、クマザサバスエッセンスを使って「洗いすぎない入浴法」を

実践すれば、化学物質を少しでも使わなくて済みます。

漢方薬というのは、汗をかいたり、尿や便などで排泄する手助けしてくれるものです。
当店では、クレイテラピーとか、ヘアケア商品やスキンケア商品、日用品からアドバイスしています