妊娠力の衰えはじめ
 35歳を過ぎると女性ホルモンの分泌も少しずつ低下しはじめ、
卵巣と子宮の働きにも緩やかな衰えが見えはじめます。
卵子そものの大きさが小さめになり、
卵子をつくるのにも時間がかかるようになります
また、卵子の大きさは変わらなくても、その質が低下することもあります。
生理に大きな変化はありませんが、1歳年齢を重ねるごとに、
経血量が減る傾向になります

ポイントは下半身にあります。
太ももを中心に筋力が低下することにより
身体が作る熱量(産熱)が減少していきます。
身体は体温を維持することを、恒常性といいますが
恒常性を維持するには 
自律神経が作用して熱量の「放射、伝導、対流、蒸発」を制御する必要があります
制御しきれない場合は ホルモンを使い熱産生を活発にします
ホルモンには量に限りがあります
ホルモンは生体の維持に優先的に作用します
生理に関係するのは後回しになるわけです



排卵はあっても、卵子そのものが小さかったり、
中がからだったりする変性卵になることが多くなります。
受精卵として成長する率も低下します。
経血量も、もっとも多い時期の3分の2から半分に。
子宮内膜の厚さも薄くなりがちで、着床がむずかしくなり、
着床そしても流産しやすくなります。
これはホルモンが低下しておこることも考えられますが
血流の低下によって起こる要素もあるのです






子宮や卵巣はカラダをきちんと動かさないと
きれいな血液が流れ込んできません
それは生殖器なので
汚染物質が子宮や卵巣に簡単に入り込んできては困るからです