妊娠しやすい体づくり
妊娠しやすい身体を作るには 生理の時と生理から排卵日、排卵日から生理の時期は
女性というのは体調が違っている事を知りましょう
当然生理ののリズムによって漢方薬、サプリメントをのみ分ける必要があります

生理から排卵期は
子宮をきれいにして、生理で剥がれ落ちた粘膜を整える必要があります
卵胞の発育を促し、排卵を促すために内膜を厚くする必要があります 
子宮の血流を維持するには下半身を温める事が大切です
しかし物理的に温めるのではなく 筋肉量を維持したりすることで
身体が産生する熱量を作り出すことが大切なのです
それだけでも、着床しやすくするなるんですよ

妊娠や出産は、
子宮や卵巣だけでなく、体全体の機能がうまく働いてこそ成立します。
そこで妊娠しやすい体づくりを目指すのが自然療法。
なかでも近年、注目されているのが、
自然療法と西洋医学の長所を取り入れた「周期調節法」です。
「生理の周期に合わせた漢方薬をのみ、体の自然なリズムを整えていきます。
もちろん、西洋医学との併用も可能。
妊娠しやすいように体質改善をすることで、
体外受精などの不妊治療もサポートできます。

生理前はいろんな物が体に溜まってきている時期です。
生理という現象は体内に溜まったものを排泄します。
生理痛という現象は老廃物を処理する能力を超えた場合に起きる症状です。
1回の生理で出し切れなかったものが残ると、頭痛やシミなど出やすくなります。

生理のしくみを動画で見る