「 生理周期と生理の日数」

JUGEMテーマ:不妊治療

 

「 生理周期と生理の日数」

 

生理周期は

28〜35日ぐらいが目安ですが

早くても、遅くても問題があります。

 


 

周期が21日以下(短い)の場合

 

常に交感神経が、優位にたっている場合など

ファーストフード摂取が、大きく影響している事があります。

 

老廃物が多く出やすい食事摂取の場合

老廃物は、ホルモンの力を利用し、生理として排泄されます。


生理周期が短いと、

卵子の成熟が不充分なまま、生理が起きます。

成熟卵胞によって、体内の女性ホルモンが作られる仕組なので

卵胞の未成熟は、ホルモン不足を招きます。

 

 

 

周期が40日以上(長い)の場合


老廃物は少ないけれど、血液の量や濃さが不足している。

冷えの影響で、血流が悪いなどがあります。

 

生理に必要なだけの血液が不足し、

卵子の成長が止まったり、
排卵がスムーズに行われなくなります。

 

 

また、

 

以前と違う周期の乱れが3回以上続くときは、
何かしらのトラブルが、疑われます。

 

 

 

生理の持続日数は、
「血」が不足した「血虚」の状態だと、持続日数が短くなったり、
「血」のめぐりが悪く、老廃物が溜まっている状態「お血」だと
持続日数が長くなったりします。

 

 

これらは、その人の体調に関係すると考えられます。

 

 


アスリートの人は、

 

生理が来にくいとい言うのを

聞きますが、
スポーツをよくする人は、

筋肉量が多く体脂肪率が低いため

常に老廃物が、

燃やされている(除去)ので、

生理が起きにくくなります。
 


 

アスリート以外の人でも、

 

体脂肪率の平均値が

極端に低い人なども、

上記と同じことが

言えます。