寒い時にアイスクリームが欲しくなるのは

体で作られた産熱は体の隅々に運ぶ必要があります。
 産生された熱を効率よく体外へ逃がすのに大きな役割を果たしているのが血管と汗腺です。
冷たいビールを一度に飲んだり、アイスクリームを食べたりすると、内臓が一時的に冷たくなります。
冷たくなった内臓の温度を元に戻すように血流をコントロールします。
脳にも一時的に血流がいかなくなります。
ストレスが溜まった時は脳がオーバーヒートなのでそれが気持ちいいのです。
男性はビールを飲み、女性や子供はアイスクリームを食べるのが習慣になります。
習慣になって困るのは、体の皮膚の薄い部位の血流が落ち、体にゴミが溜まることです。
どこに溜まりやすいかというと、まずは皮膚が薄い部分です。
皮膚の薄い部位は熱を放射しやすいのでその部位の血流が止まってしまいます。
内肘、膝裏、肛門のまわり、目のまわり、首のまわりがそうです。その部位に皮膚のトラブルが起き、アトビーが出ている人や体臭が気になる方は実は冷えに関係しています。
冷たいものを食べる習慣の方は、まずはきちんと運動をする事です。運動が出来ない人は漢方薬で血液の流れをよくしましょう。
厚着をして、表面だけが暖まると皮膚表面の血管だけが拡張します。
血管が拡張することで 血液の量が増えると、体外に逃げる熱が多くなります。
この他血管が拡張することで 輻射、対流、伝導による熱の放散を多くなります
また発汗作用が促されることで熱の放散を多くします。

貧血があると、血液が足りない状態の方が血流だけよくすると体外に熱を失ってしまうので、脳が血流を制御し、暖かくなるという衣服を着ても血流はよくならないのです。
赤血球には鉄分が含まれおり、鉄は脂肪分や水分と比較し
比熱容量が大きく熱を効率よく伝導します。蓄熱もします。
夏は暑がりで、冬は冷え性になります。当然体の中心から表面への老廃物の移動は起こりにくい状態です。体臭も起きるのです。
子宮表面などの血流も落ちるのです。粘膜というのは、体の表面の一部です。子宝に恵まれるためには貧血を治す必要もあります。