新着情報

有限会社イナイ
有限会社イナイブログ
ベジタブルオイルRevi
漢方相談
漢方アロマエステブログ
シースカイ
ブランズチキンエッセンス
漢方美容研究会
漢方美容研究会ブログ
漢方のイナイ


カテゴリー
問い合せ

検索看板



RSS 1.0 ATOM 0.3
生理の周期と漢方

JUGEMテーマ:漢方

JUGEMテーマ:健康

 

 

生理周期と漢方治療

 

■月経期

古くなった子宮内膜や老廃物を排泄します。


月経痛がある方は
月経血を順調に押し出す漢方を服用します。

 

 


■低温期
エストロゲン「大豆などに多い」が分泌され
子宮内膜が増殖する時期です。

 

月経時に、子宮粘膜を保護している物質
一緒に出してしまうので
低温期には子宮に栄養素を補う漢方

服用します。

 



月経後に不足しがちな血液

牡蠣肉エキスなどで補いましょう!

 

成熟度の高い卵子新しい内膜を作る

手助けをする必要があります。

 

 

 

・ホルモンのバランスが悪い方

キュウキ調血飲第一加減などの

漢方薬をよく使います。

 

 

・ホルモン分泌が低下した年齢層の方

ベジタブルオイル

 

・蛋白不足の方・・・チキンエッセンス

 

・血流低下の方・・・エラブウミヘビ など

 

体質によって漢方薬やサプリメントを

飲み分けます。


 

 

この時期は
精子が着床する準備の為に栄養素を

しっかりと補います。

 

冷えや低体温がひどい方

漢方薬が効きにくいので

 

まずは、クマザサバスエッセンスを使って

「足湯」を、続けてください!

週に2回、3ヶ月ぐらいが目安です。

 



■排卵期

スムーズな排卵の為に

アルカリ性食品ミネラル

多いものをとります。

 

(漢方薬では、鹿茸 

サプリでは、リンゴ酵素

などが相当します)

 


■高温期

子宮内膜を温かく柔らかい状態に保つ必要があります。

 

ベジタブルオイルなどで

質の良い脂を摂取し

柔らかい粘膜を保ちます。

 

 

精子が着床しない時は

低温期から徐々に厚くなった子宮内膜を

生理期間に排泄しなければなりません。

 

排泄できずに残ると子宮内膜が肥厚

してきます。

 

卵胞ホルモンが、子宮の温度を上昇させ

不必要になった子宮内膜を切り離します。


切り離しやすいように

ネバネバした食材体が温まるもの

が、必要です。

このような食材をしっかり食べます。

 

 

1、基礎体温が低い、高温期が短い

2、高温期がなく体温が上り下がりする

3、着床するが流産する

4、プロラクチン高値      

 

これらの方は、ご相談下さい。

 

 

 

本文掲載のサプリメント詳細は、こちら参照