新着情報

有限会社イナイ
有限会社イナイブログ
ベジタブルオイルRevi
漢方相談
漢方アロマエステブログ
シースカイ
ブランズチキンエッセンス
漢方美容研究会
漢方美容研究会ブログ
漢方のイナイ


カテゴリー
問い合せ

検索看板



RSS 1.0 ATOM 0.3
高プロラクチン

JUGEMテーマ:不妊治療

 

【  高プロラクチンについて 】

 

■どのような方に 高プロラクチンが多いのでしょうか?

 

女性でも男性以上にバリバリ仕事ができる人・休息が十分に取れていない人

休日の過ごし方が充実していない人・女性だけの職場で相手をライバル視する人

タバコを吸う人・夜遅い時間に肉類を食べる人 などに多く見られるようです。

 

■どのようにすれば、プロラクチンが下がるのでしょうか?

 

過剰なストレスが発散できると

脳の神経伝達物質であるドーパミンがプロラクチンの分泌を抑えます。

 

 

 

ドーパミンとは!何? 簡単に言うと・・・≫
快楽など、日常からかけ離れた楽しい事により分泌されます。

「子供を作らなければいけない」という強いストレスをなくすのが大切です。

 

ただし、甲状腺機能低下などのパターンもありますのでご相談下さい。

 

 

■漢方薬が効くパターンはどんなパターン?
 

芳香族アミノ酸であるチロシンが、ドーパミンの材料です。

チロシンの代謝が阻害されると、ドーパミン不足になり

ドーパミンの低下が、プロラクチン濃度を上昇させます。

チロシンは、トリプトファン(アミノ酸)と同時に服用すると、吸収が阻害されます。
チロシンとトリプトファンのバランスが、プロラクチン濃度に関係しているようです。

また、チロシンが優位になる方が、プロラクチンが下がるようです。
プロラクチンを下げて、排卵しやすい体になるように

漢方薬やサプリメントを使っています。

 

病院で処方されるドパミン分泌促進薬「パーロデル、カバサール、テルロン」は
トリプトファンの構造に似た、麦角アルカロイド(インドールアルカロイド)の合成したものです。

 

ドーパミン神経に作用し、プロラクチン値を下げますが

副作用に、心臓弁膜症や脳血管障害、幻覚などがあります。
できれば、お薬なしで対応したいものです。