冬の静電気!健康にも影響あるの?

冬、寒いだけでなく嫌なもの。

それは、あのバチって来るあれ!

そう、「静電気」

バチって、痛いですよね。

痛すぎて車のドアに触れたり、洋服を着替えるのが

嫌になっちゃいますよね(-_-;)

 

それだけではないんです。健康の妨げにもなるのです。

 

お客様の中でも

1、「最近、軽い負荷のかかるような歩行で

  動悸がする。病院で検査したほうがいいかしら。

  それに、あちこち触る度にバチバチくる感じがひどくて・・・」

2、「何か、胸が重いようで息がしにくい感じで、

  頭が熱くて、でも熱もないし、風邪もひいてないようなのに・・・

  などの相談でも、実は原因は静電気がたまっていたことだったのです。

  なんで、分かるかって? 

  放電したら、症状が無くなったからなんです。

 

 

静電気って、簡単に言えば・・・

  電気が人や物に溜まった状態や、その溜まった電気のこと。

  発生しやすい条件は、気温20度以下、湿度20%程とされています。

  「バチッ」と来る強烈な静電気はおよそ3000ボルトもの電圧だとか。

  静電気は、溜めておくと健康に影響は出ても、電流がないに等しいから

  「バチッ」ときて命を落とすことはないのです。

 

 

静電気の起きる仕組みは・・・

  物質同士が摩擦や接触したときに

  物質の持っていた電気のバランスが崩れることで発生します。

  世の中にある全ての物質は、プラス「+」とマイナス「-」の電気(陽子や電子)

  を持っています。

  通常は、「+と「-」の数が同じ数で、

  中世の状態(静電気が発生していない状態)

    になっています。

<例>

 

 ですが、物質同士に摩擦が生じたり、引っ付けたり、はがしたりすると、

 一方の物質の「-」電気の一部が、もう一方の物質に移動します。

 この時に、

「-」電気が離れた物質は、「+」の電気の数が「-」電気より多い状態。

 「-」電気を受け取った物質は、「-」電気の数が「+」電気より多くなった

状態 になります。

 

ということは、お互いの物質が持っている電気の数(量)のバランスを崩し

 中性な状態ではなくなったということです。

 こういう状態を「プラスに帯電」「マイナスに帯電」といいます。

<例>

 

 セーターを脱いでるときなど、バチバチとして静電気を感じたときは

 こんなやりとりが起きてたんです。

(その物質によって電気の個数や性質は変わります)

 

 洋服の摩擦や椅子から立ち上がったときやシートをはがしたりしたときなど

 様々な要因で体に電気が(+に帯電)溜まっていきます。

 

車や部屋のドアノブに触れると強烈にバチッとくるのは、この電気が

 ドアノブに近づくと、

ドアノブの持っている「-電気が、

体の「+」電気に 引き寄せられて集まり、

ドアノブに触れた瞬間に「+」電気と、「-」電気が

 引っ付いて、一気に電気が流れます。

<例>

これが、あの強烈にイヤな「バチッ」の正体なのです。

 

冬の空気の乾燥がひどい時期は、空気中に水分がとても少なくなっています。

静電気は摩擦などで年中起きているのですが、空気中に水分が多いとその水分を

伝って電気は流れていくので、体や物に帯電することが少ないのです。

 

また大まかに言うと、夏の衣類や環境と、冬の衣類や環境とでは、

夏は汗をかいたり、綿や麻素材の物が多く、

冬はアクリルやポリエステル、靴下やブーツなど

電気が流れていきにくいものになります。

 

人の体は、

衣類にマイナス「-の電気をもって行かれることで

プラス「+」の電気に帯電しやすく、

金属はマイナス「-電気に、帯電しやすいという性質があるのです。

その2が触れると、一気に電気が流れるために「バチッ」となるのです。

 

 

健康にも影響の出る静電気

静電気がたまってくると「イヤなバチッ」と来るだけでなく

交感神経が優位になり、血管の収縮や筋肉の硬直、免疫力の低下や

皮膚が固くなります。帯電した体は、浮遊している物質を引き寄せやすい

環境にもあります。

 

そのため、動悸やなかなか取れない肩こり、慢性的な冷え、むくみ

アレルギー、肌のトラブルも起きる原因のひとつになります(ほかにも要因はあります)

血管が固くなり、しなやかさを失って来ると、赤血球同士がくっつきやすくなり

血流の流れが悪くなり、様々な症状が出てきます。

 

静電気はどうしても発生しますが、溜めないことが大事です

 

 

静電気の影響を防ぐコツは・・・・

ずばり、帯電している電気をゆっくりと放電させること

 

1・木や壁や地面を触ってからドアノブなどに触れる(プラスチックやガラスは通しにくい)

2・水分たっぷりのジェルクリームを手に塗ってから触れる

 (油分たっぷりのクリームではなく、水分たっぷりのジェルを使いましょう

  なぜなら、クリームの油分は皮膚上に膜を張り、絶縁体のようになります)

3・クマザサ入浴剤入りのお風呂で毎日放電させる

(親水性にすぐれ、マイナスに帯電のため、皮膚に対して還元力がある)

  (グリーンイライトのクレイ風呂でも良いが、毎日は入れない)

4・鍵や金属製のボールペンなどを持って触れる

5・指先で触れずに手の平やグーなど手全体で触れる

 

 

静電気発生の予防として

1・髪やお肌の乾燥を防ぐ

   お肌が水分で潤っていると、その水分を通して電気が空気中に

   放電されやすくなり、電気を溜めにくくなります

   浸透性の良い水分たっぷりのジェルクリームを使用した後、

   保護のためオイルやクリームを使用しましょう。

 

2・クマザサ入浴剤入りのお風呂で毎日放電させる

 親水性にすぐれマイナスに帯電のため、皮膚に対して還元力がある

 

3・衣類の素材の組み合わせを考える

 

  プラス「+に帯電しやすいナイロン、ウール・羊毛、レーヨン

  マイナス「-に帯電しやすいアクリル、ポリエステル、アセテート

  のような組み合わせで、帯電しやすくなります。

  綿、絹(シルク)、麻の組み合わせは帯電しにくい組み合わせです。

 

  また、上記の表の隣りあわせは帯電しにくい組み合わせです。

  衣類同士の摩擦で電気が発生し、静電気が起きます。

  元々、重ねて作ってあるデザインの衣類や靴下はその素材も

  注意してもいいでしょう。

  どうしても、これを着たいけど静電気が起きそうな時は

  静電気防止スプレーを使用するのもいいかもしれません。

 

4・寝具にも注意

  入浴後いお肌がカサカサしている上に、もこもこパジャマにもこもこ毛布や

  布団カバーなど、寝ている間の摩擦で、電気を溜めている場合も多いです。

  

5・室内の湿度を40-60%に保つ

  加湿器などをうまく利用して、湿度を保ちましょう。

  静電気だけでなく美肌や風邪、インフルエンザ予防にもなります。