新着情報

有限会社イナイ
有限会社イナイブログ
ベジタブルオイルRevi
漢方相談
漢方アロマエステブログ
シースカイ
ブランズチキンエッセンス
漢方美容研究会
漢方美容研究会ブログ
漢方のイナイ


カテゴリー
問い合せ

検索看板



RSS 1.0 ATOM 0.3
クレイ講師会 2

JUGEMテーマ:クレイ(粘土)

 

1 クレイの鉱山と工場

<訪問地:サンポリアン鉱山を見学〉 

ここで体験した事:クレイを処理する方法が違うと使用目的が異なるという事

 

 

◆日本で流通している 医薬品グレードのクレイはどのようなものか?

医薬品 (日本薬局方)を検索すると

Kaolin:本品は天然に産する含水ケイ酸アルミニウムである。

効能1 吸着剤, 医療用医薬品分類  腸内吸着剤
効能2 賦形剤 医薬品添加物  基剤  吸着剤  懸濁剤  コーティング剤  
充填剤   賦形剤

 

 

ンモリオナイト

医薬品名(ベントナイト)に至っては、効能2を期待して使用している。

 

使用する目的が上記のものであるため、加工時に用途に応じた処理をする。

 

 

専門用語:

賦形剤(ふけいざい、vehicle, diluent)とは、

医薬品農薬などの取扱いあるいは成形の向上や服用を便利にするために加える添加剤

錠剤では、乳糖デンプンがよく用いられる。

賦形剤にて全体量を増して希釈した後、混和して均一の濃度とすることで

秤量時に生じる有効成分の秤量誤差を無くすためのもの。

 

粒子は均一で、酸化還元などの活性がないものが求められている。     

 

 

日本において使い方の特徴

人体に無害であり、医薬品と配合変化を起こさないもの。

治療効果に障害をもたらさないもの。医薬品の試験等に支障を来さないもの。

 

 

◆フランスで流通している 化粧品に混合するクレイはどのようなものか?

実際フランスのスーパーで売っているクレイチューブを調べてみた。

 

スーパーの商品は、トルコからフランスに入ってきているクレイが原料でした。

ボーリング調査によって採取されているものが使われていました。

ベントナイトと表記されています。鉱物学的には、ベントナイトというものはありません。

使用目的は、クレイの効果をメインに考えている商品では無いと思われます。

 

 

 

<訪問地:サンポリアン鉱山を見学〉

ここで体験した事:粒子の直径などのグレードが違うと使用目的が異なるという事

 

粒子の径が少し粗い粘土鉱物

粘土鉱物は、コスメ、家畜のエサ、猫のトイレ、土壌の改良などに使用されます。

上記のものは、粘土鉱物と香料を混ぜたもので

商品のバリエーションも多く、加工がしやすいという特徴があります。

 

 

私達が販売しているクレイは、化学薬品などに対してデリケートなので

化粧品や精油と混ぜたりすると、クレイの活性は失われます。

 

 

しかし、一般に流通しているクレイの中には、化学物質の影響は受けにくく

化粧品と混合して使用する事を推奨しているメーカーのものもあります。

 

ドラッグストアに陳列できるもの = 日本で使用しているクレイと同じような目的?

人体に無害であり、内容成分と配合変化を起こさないもの、

内容物の効果に障害をもたらさないものでは無いでしょうか?

 

 

<訪問地:サンポリアン鉱山を見学〉 

ここで体験した事:クレイは電気活性があり、気化した物質を吸収してしまうため 

工場内で使用する機械類など燃料に至るまで気遣いが必要という事

 

クレイの電気的な作用によって起こる現象は、電気活性を失うと無くなります。

 

日本で使用している用途のように、滅菌はするとどうなるのか?

 

活性を失う可能性が高いクレイの処理方法〉

1 放射線を照射

γ線照射、電子線

ガンマ線、電子線の場合➡ マイナスイオン(電子)も吹き飛ばしてします。

 

2 エチレンオキサイドのガス処理

エチレンオキサイド、ホルマリン、次亜塩素酸の場合

➡ 酸化力が強いため、滅菌で電子が奪われます。

 

上記のような方法は、クレイの重要な作用の一つに

重金属の無害化がありますが、その作用が無くなります。

重金属に電子を与える事ができれば、重金属は無毒になります。

 

薬品処理によって、クレイの還元力は失われ、電気活性を失います。

 

 

3 重金属、放射能、ダイオキシン、農薬など化学物質の汚染

火山性由来粘土鉱物は、鮮やかな色をしており、重金属を含んでいます。

放射性物質など、汚染された粘土鉱物もあるので注意が必要➡ 電気活性を失う

 

プラスイオン

化学物質

クレイ

 

4 粘土鉱物の加工・処理によって活性を失った場合

クレイを薬品で処理しているケース

クレイが占める割合が高い粘土 = 良い粘土と評価される事があるため

薬品で処理しているメーカーがあります。

粘土にはカルサイトなど不純物を含んでいる場合があります。

カルサイトを塩酸で溶解して、見かけ上は粘土の中のクレイの

含有率を高めているケースがあります。

塩酸自体は還元性がある酸だが、光で次亜塩素酸に変化します。

次亜塩素酸が、クレイを酸化します ➡ 電気活性を失う

 

 

【サンポリアン鉱山は、クレイが占める割合が高い粘土の産出地】

 

*粒度を調整しているケース

30μm前後の粘土鉱物は、大量に存在します。

ミルを使い粉砕すると、15μmくらいまでは簡単に粉砕できます。

 

粉砕に、金属を使用すると温度が高くなります。圧力が高いため

実際の接触面が100℃でも、クレイにかかる負担は、数100です。

クレイの結晶構造が変化するため、電気活性が無いクレイができます。

 

ピエゾ効果参照     電気活性を失う

 

 

クレイと電気活性

クレイの定義は     2μm以下

土質力学の粘土の定義  5μm以下

見た目や力学的な性質は 5μm以下ならば 同じ?

2μm〜5μmの粘土は クレイとしての性質は無い!

2μm以上の粒子はコロイドを形成しにくい。

 

コロイドを形成しない = 電気的な作用がほとんどない

 

クレイパックは、クレイがマイナスイオンを発生するという事が重要なファクターです。

マイナスイオンが発生しない粘土は「ただの土」では無いでしょうか?

 

サンポリアン鉱山での体験した事で分かった事は

クレイの電気活性など考慮した製造・処理方法といえる事です。

 

 

 

クレイの電気活性について

◆クレイは、カラダに害があるものだけを吸収するのか?

 

植物燃料を燃やす場合は、CO2が出ますが、木が生長するときにCO2を吸収するので

大気中のCO2は増えず、排泄はゼロという考え方のことです。

また、バイオマスは植林することで増やすこともできるから再生可能な大事なエネルギーです。

➡ 悪いものは発生しない

 

 

一方、化石燃料を燃やすと以下のような物質が発生します。

  

化石燃料には、重金属などの不純物の他、自然界で分解が不可能な物質が含まれます。

軽油、重油を燃焼すると、ベンゾピレンなど発がん性があるものも多く含まれています。

  

窒素酸化物:化学式の NOx から「ノックス」の影響で、クレイは電気活性を失う

 

 

余談ですが、排気ガスをきれいにするのは? 

粘土鉱物と貴金属の組み合わせで処理します。クレイが活躍しているのです。

    

 

毒性物質 + クレイは 猛毒の物質と化す

 

例) PM 2.5 カーボンフライアッシュ  ごみ焼却場が近くにあると

○蛍光灯を破砕する➡ 水銀が気化

○生ゴミ+プラスチックなど一緒に燃やした場合に➡ ダイオキシン発生

プラスチックの可塑剤は、環境ホルモン。

合成香料、化粧品、洗剤などは、石油系原料。

医薬品原料合成には、重金属あり。

 

 

 

粘土鉱物の特性

1 absorb ➡ 吸収する スポンジなどが水を吸収、吸い上げるという意味

多孔質なためにおこる性質

 

2 Ion exchange ➡ イオン交換

マイナスに荷電したクレイは、プラスイオンを吸着します。

H+NH4+K+Ca2+Mg2+・・・などです。

これらのイオンは、土と強い結合をしてしまうのではなく、

次の陽イオンが現れると、前にあった陽イオンと置き換わることが出来ます。

 

 

 

農業で土に 肥料を与えるとどうなる?

<代表的な肥料 硫酸アンモニウムを肥料として与えた例>

土からカルシウムが抜け出して、変わりにアンモニウムが置き換わります。

植物は根っこの部分で、アンモニウム→ 窒素 → アミノ酸に変化させて成長します。

しかし、害虫も増えやすくなるため、肥料を与えた土には農薬も必要となります。

 

土壌改良には、汚染されていない土地の粘土鉱物を使わないと意味がありません。

 

 

田七人参の産地:雲南省文山県

飲むレッドイライト 

クレイで、水が変化する

  

クレイに水を浸み込ませるとペーストができます。

ペースト作りたては、電子がリッチな状態です。

活性状態のクレイは、ミネラルは電子がリッチな状態なのです。

 

 

 

水道水は、プラスに帯電しています。 

水は、クレイに触れると張力が低くなります。

 

クレイに触れた水

 

 

クレイを扱うメーカーはたくさん有りますが、そのクレイにはそれぞれの用途があります。

良いもの。ダメなものという区別はできないのです。

しかし、電気活性(マイナスイオンの活性)があるクレイを扱わないと

授業で学んだ効果はでません。