新着情報

有限会社イナイ
有限会社イナイブログ
ベジタブルオイルRevi
漢方相談
漢方アロマエステブログ
シースカイ
ブランズチキンエッセンス
漢方美容研究会
漢方美容研究会ブログ
漢方のイナイ


カテゴリー
問い合せ

検索看板



RSS 1.0 ATOM 0.3
イエローのクレイとレッドのクレイ

JUGEMテーマ:クレイ(粘土)

黄色いクレイは 

微生物による還元反応によって水和酸化鉄や酸化鉄等からFe2+を生成したもの Fe2+は炭酸イオンとの反応によってシデライト(FeCO3、菱鉄鉱)、リン酸イオンとの反応によってビビアナイト(Fe3(PO4)2・8H2O、藍鉄鉱)をそれぞれ生成する。

また、シデライトやマグネタイトの酸化により、ゲータイト(α−FeOOH、褐鉄鉱)が生成する。マグネタイトやゲータイトが最も環境中で反応性が低く安定している。反応性が低い=電気的なエネルギーは低い



レッドのクレイは

水和酸化鉄(FeOOH、水酸化鉄、オキシ水酸化鉄とも呼ばれる)や酸化鉄(Fe2O3:結晶性鉄(III)酸化物)など鉄(III)酸化物です。水酸化鉄の具体例は非晶質不定形のフェリヒドライト(コロイド状で反応性が高い)、異なる結晶構造を持つゲータイト(α-FeOOH)、アカガネイト(β-FeOOH)、レピドクロサイト(γ-FeOOH)等である。また、酸化鉄の具体例はヘマタイト(α-Fe2O3)、マグヘマイト(γ-Fe2O3)、等またはそれらの混合物である。

イエローのクレイにある 鉄(II)イオン+水和酸化鉄(III)が共存すると、マグネタイトが生成する。

Fe2++8FeOOH+2e-→3Fe3O4(マグネタイト)+4H20

反応性が高く電気的なエネルギーもある

クレイと赤血球の関係は

イエローは鉄の2価の状態のものにエネルギーを与え

レッドは 鉄の3価の状態のものにエネルギーを与える

 

クレイを使って貧血に対応できる?

血液中で 赤血球とアルブミンはそれぞれマイナスに帯電し反発している

スカイローションの内服で電位を下げると血沈が遅延させる事ができる

 

電磁波の影響をいかに消すか?病気に関係している

 

鉄分を摂取した場合

吸収されたFe2+は腸上皮細胞内でFe2+ ←→ Fe3+ と相互に変化する

Fe3+はアポフェリチンと結合してフェリチンとなり貯蔵される。
フェリチンは全身に分布するが,肝臓脾臓に大量に存在している。

肝臓脾臓の治療には 3価の鉄イオンが多い レッドイライトを使う

骨髄の赤芽球の活性化をしたい場合はイエローイライトを使用する

ヘモグロビンのヘム鉄に配位するのはFe2+であり,

イエローに共鳴する