新着情報

有限会社イナイ
有限会社イナイブログ
ベジタブルオイルRevi
漢方相談
漢方アロマエステブログ
シースカイ
ブランズチキンエッセンス
漢方美容研究会
漢方美容研究会ブログ
漢方のイナイ


カテゴリー
問い合せ

検索看板



RSS 1.0 ATOM 0.3
粘土鉱物の特性

JUGEMテーマ:クレイ(粘土)

 

◆粘土鉱物の特性

 

1 absorb ➡ 「吸収する」スポンジなどが水を吸収、吸い上げるという意味。

多孔質なためにおこる性質

 

2 Ion exchange ➡ 「イオン交換」マイナスに荷電したクレイは

プラスイオンを吸着します。

H+、NH4+、K+、Ca2+、Mg2+・・・などです。

これらのイオンは、土と強い結合をしてしまうのではなく

次の、陽イオンが現れると、前にあった陽イオンと置き換わるのです。

 

 

【農業で土に 肥料を与えるとどうなる?】

 

 

( 上図  代表的な肥料 硫酸アンモニウムを肥料として与えた例 )

 

土からカルシウムが抜け出して、変わりにアンモニウムが置き換わる。

植物は、根っこの部分で「アンモニウム → 窒素 → アミノ酸」に変化させて成長する。

しかし、害虫も増えやすくなるため、肥料を与えた土には、農薬も必要となる。

 

土壌改良には、汚染されていない土地の粘土鉱物を使わないと意味がありません。

 

 

クレイに水を浸み込ませるとペーストが出来ます。 

ペーストの作りたては、電子がリッチな状態です。

活性状態のクレイでのミネラルは、電子がリッチな状態です。

 

自然界で粘土鉱物は、適度な水を含み、電気的に安定しています。

 

 

 

水はプラスに帯電しているために

クレイが保有する水は、クレイのマイナスイオンを打ち消しています。

 

粘土鉱物に保有されている水は、100℃〜250℃で脱水されているため

350℃の熱エネルギーで、クレイのマイナスイオンは活性状態となります。

 

クレイペーストを作った時に、電子が出て来ます。

その電子が抜けてしまわないように、扱う必要性があります。

 

電気的な性質は、プラスチックでは消えないが、金属に触れると打ち消すので注意が必要!

  

 

 

【皮膚にも 水分、ミネラル、老廃物がある】

 

【応用例: 皮膚表面に、毛染め成分が付着していたと仮定】

粘土鉱物の層間に、カルシウム水和物があり

皮膚表面に、毛染め成分やアンモニウム塩がある。

 

イオン交換が「カルシウム水和物 → アンモニウム塩」と入れ替わる。

 

クレイは、「酸化」されて、皮膚の表面は、「還元」される。

 

 

3 reduction  ➡ 「還元」

 

 

 

 

【重金属、有害物質の無毒化、ニオイ分解などクレイの作用とは・・・】

疑問点: クレイは、悪いものだけを選択して作用するのか?

そもそも有害物質や悪臭がする物質とは、電子が不足した状態のもの。

電子を奪う性質が、際立ったものを示します。

 

例: 重金属 

6価クロムは有害でも、3価クロムは、〇〇に必要なミネラル。

 

歯の詰め物や、水銀は… 

1価水銀になっても、「無害」 甘汞(かんこう)

2価水銀は、「猛毒」 昇汞(しょうこう)

 

電子を与える事ができれば、「無毒」になります。

 

 

 

 

粘土の鉱物の電気的な性質は、どこから生まれてくるのか?】

粘土鉱物の最小分子構造を考えると、分子は規則正しいのですが 

クレイの場合は、Siの代わりにAlも入ることがあります。

Alの代わりに、Mgが入ることもあります。