新着情報

有限会社イナイ
有限会社イナイブログ
ベジタブルオイルRevi
漢方相談
漢方アロマエステブログ
シースカイ
ブランズチキンエッセンス
漢方美容研究会
漢方美容研究会ブログ
漢方のイナイ


カテゴリー
問い合せ

検索看板



RSS 1.0 ATOM 0.3
食べて脳を治す

JUGEMテーマ:健康

食べる事は 機能低下した脳に対してのもっとも有効な方法です。

脳の機能が低下すると脳は生きるために最低限必要な情報処理を最優先します

外からの情報に対して応答が悪くなります。

特に交感神経からの情報のレスポンスが悪くなります。

 

脳の機能回復の方法で重要なの事は 味覚を利用して脳にアクセスを試みる事です

「交感神経に察知されないように 脳にパルスを送りリセットする」が必須です

食材は、その味によって、酸味、苦味、甘味、辛味、鹹味の五種類に

わけられます。これを五味といい、それぞれの役割があります。

酸っぱすぎる、甘すぎる、塩辛すぎる、えぐい、苦い、渋いなどの味がするものは 

カラダに必要か毒性があるものか?

過去に食した味の経験から大脳皮質が判断します。(交感神経が感知)どのような味が混ざっていてもいいので バランスが取れ 「旨い」「美味しい」と感じる。また唾液の分泌を促すものが 

機能が低下した脳にアクセスする権利があります