新着情報

有限会社イナイ
有限会社イナイブログ
ベジタブルオイルRevi
漢方相談
漢方アロマエステブログ
シースカイ
ブランズチキンエッセンス
漢方美容研究会
漢方美容研究会ブログ
漢方のイナイ


カテゴリー
問い合せ

検索看板



RSS 1.0 ATOM 0.3
嗅覚にも異常がある場合 旨味で脳を治す

JUGEMテーマ:健康

嗅覚にも異常がある場合はどのように対処すればよいか?

味覚からのアプローチまとめ

 旨味;内臓の動きをコントロールしているのは 頭相胃相腸相

頭相:視,嗅覚的刺激,情動,咀嚼や嚥下による口腔粘膜刺激により,

迷走神経を介して胃液分泌

胃相:幽門の粘膜が刺激,ガストリンgastrinが内分泌.HCl分泌,ペプシノーゲン分泌が亢進

腸相:十二指腸上部粘膜にタンパク分解産物,脂肪,糖,酸などが触れると,

神経を介して胃の運動が抑制されます(小腸-胃反射)

 

例題 肉の旨みは 貴重な蛋白源として 生命維持に関係している

飢餓であれば、子孫繁栄ができない。

そのため 肉の旨味は 古典脳に対して特に脳刺激のパルスが強い

現代人のように 脳が外部からのアクセスを拒否していても

牡蠣の旨味は 脳に伝わるので 薬を飲んでいる時の

うつや自閉症などにも対応ができる

→ 生殖機能に関係している旨味

 

 補足:脳刺激のパルスが強いニオイには、麝香(性腺から分泌される臭い)がある

 

肉の旨み

(牡蠣エキス 鰹節 エラブ海蛇  チキンエッセンス スッポンなど)

 

発酵食品の旨味 ( 醍醐味 )

乳酸桿菌黒糖発酵エキス  酵素類

野菜の旨味