新着情報

有限会社イナイ
有限会社イナイブログ
ベジタブルオイルRevi
漢方相談
漢方アロマエステブログ
シースカイ
ブランズチキンエッセンス
漢方美容研究会
漢方美容研究会ブログ
漢方のイナイ


カテゴリー
問い合せ

検索看板



RSS 1.0 ATOM 0.3
オルト水素吸蔵サンゴカルシウム

JUGEMテーマ:健康

そこらにあるサンゴにオルト水素を吸蔵させることができれば

安く水素水が作れます。しかしそんなに簡単ではありません

水素を吸蔵するサンゴを選んで吸蔵させる必要があります

吸蔵しやすいしにくいのは

それは水素の分子が小さいためカルシウムの結晶が強固でないと水素は吸蔵しませんし

すぐに水素が気化してしまいます

海洋生物が骨格として作る炭酸カルシウムは主に2種類の結晶構造で、

 アラゴナイトとカルサイトがある。

カルサイトでなければいけないんですよ

同じ水温だと、Mg/Ca比が高いとアラゴナイトが形成されやすく、低いとカルサイトが形成されやすい。

現在の海洋環境下ではサンゴはアラゴナイトの炭酸カルシウム骨格を形成する

現在のMg/Ca比は5.2ですが、約1億年前の白亜紀においてはMg/Ca比が低く、短期的には1.0を下回っていた

可能性があります https://academist-cf.com/journal/?p=6575より引用

 

水素が吸蔵しやすいのは カルサイトの結晶をしているものです

サンゴなら白亜紀ころに生きていた風化サンゴです

 

カルシウムの結晶に限って言えばカルサイトを選ぶのがポイントです

 

サンゴ骨格が水素を吸蔵しやすいかは Mg/Ca 比は小さい事の他

Sr/Ca 比がより大きいことが重要です

電気的な偏りがあるオルト水素を選択して吸蔵する事ができるのは

マグネシウム カルシウム ストロンチウム(アルカリ土類金属)の比率が重要

これらの元素は同族で外殻電子の構造が同じである

より周期が大きい元素が小さい元素に電子を供給する

 

ストロンチウムがカルシウムに カルシウムがマグネシウムに電子供給をする

軌道のエネルギーギャップがオルト水素吸蔵に関係がある

 

 

また海水真珠のパールには水素が吸蔵していると考えられます

(使用した感じでそう思います)