新着情報

有限会社イナイ
有限会社イナイブログ
ベジタブルオイルRevi
漢方相談
漢方アロマエステブログ
シースカイ
ブランズチキンエッセンス
漢方美容研究会
漢方美容研究会ブログ
漢方のイナイ


カテゴリー
問い合せ

検索看板



RSS 1.0 ATOM 0.3
完熟梅で深海魚が爆釣!!

JUGEMテーマ:健康

当店こだわりの完熟梅エキスを飲むことで子宝相談にお役に立てる場合があります

エストゲンを作る時のアロマターゼを活性化する目的や

甲状腺ホルモンを作る時の酵素の修復に完熟梅エキスを使います

私たちのカラダに存在する酵素群のうち80%以上がチトクロームP450というもので

青い光を吸収する性質を持っています

完熟梅その酵素を活性化する作用あるからです

自然薬は人体だけに作用するわけではありません

 

サンマの骨やウロコが青くなっていることがあります。
これは、サンマの内臓にある胆汁色素の一種で「ビリベルジン」という物質です。
脊椎動物の骨が青くなるのも、「ビリベルジン」が関与したものと思われています。
「ビリベルジン」は、赤血球中のヘモグロビンの正常な代謝産物で、血液を通じて肝臓に運ばれ胆汁色素として分泌されます。

その一部は、肝臓から再び筋肉組織に運ばれます。
さんまの切り身やキビナゴは深海で漁業を行うときの餌として知られています

うめの躾(完熟梅エキス)を餌にかけることで魚がよく釣れるそうです。

ニオイを感知し集まる魚もありますが 深海の微弱な光を目当てに集まる魚もいます

100M以上の水深がある海には 太陽の光はほとんど到達しません

赤や橙など波長が長い光は、水深数メートルまでで海水に吸収されますが

青などの波長が短い光は深いところまで到達します。

一方、青い光はエネルギーが高く表面で反射する性質があるので、海面で反射されるために

海は青く見えます。

深海に到達する光の量は少なくても、波長が短い光はエネルギーが高く

色素が持つエネルギーを励起させる作用があります。

冷凍して時間が経ったり、解凍する時に酸素に触れたり、太陽光線を浴びてしまった

キビナゴの色素は酸化してしまいます。

青く見える=青い光を反射する 色素が変性すると光を反射しませんので

深海では魚に対してアピール力が少なくなり、餌としての魅力が失われます。

うめの躾で処理したキビナゴの色素はエネルギーの状態が高くなり

深海でも光を反射するようになり、魚に発見されやすく「釣れる餌」になります。

クロムツみたいに目が良い魚を釣るには最高の餌になります

 

キビナゴの色素のエネルギー活性化し魚が釣れる

=キビナゴの色素が青い光を反射、吸収できるエネルギー状態

「うめの躾」によって青い光を吸収できるように変化する

=酵素が修復

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【水深と光の到達割合】

 

 

 

 

 

 

波長(nm)

380〜430

430〜460

460〜500

500〜570

570〜590

590〜610

610〜780

780〜106

種類

青緑

赤外線

水深0

 

 

 

 

 

届く

届く

×

 

 

 

 

 

 

×

×

 

10

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

届く

 

 

 

20

 

 

 

 

×

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

30

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

40

 

 

 

届く

 

 

 

 

 

 

 

届く

×

 

 

 

 

50

 

 

×

 

 

 

 

 

 

届く

 

 

 

 

 

 

 

 

×

 

 

 

 

 

 

 

100

 

届く

 

 

 

 

 

 

赤や橙色の波長は水面付近で吸収されます

 

 

 

 

 

波長が短い光は表面付近で散乱しますが散乱せずに水の中に入ると

水深が深いところまで到達します