新着情報

有限会社イナイ
有限会社イナイブログ
ベジタブルオイルRevi
漢方相談
漢方アロマエステブログ
シースカイ
ブランズチキンエッセンス
漢方美容研究会
漢方美容研究会ブログ
漢方のイナイ


カテゴリー
問い合せ

検索看板



RSS 1.0 ATOM 0.3
クマザサバスエッセンスを使った足浴

JUGEMテーマ:健康

お湯で温めるのと何が違うの?

普通に入浴剤入れての入浴、シャンプー・リンス使用、洗濯洗剤、柔軟剤…の生活では

塩素、タール色素、界面活性剤などの化学物質が皮膚の受容体に残留しています。

交感神経が優位に働き、化学物質が体内に入り込まないよう血管は収縮しています。

皮膚表面に付着した不必要な物質が除かれる事で、皮膚がリラックス状態になります。
ふくらはぎ位まで 15分〜20分程度 足湯するのが良いです。

お勧め足浴器:上; 冷え取り君 FB-C80 マイコンプレミアム 高陽社  

 

足浴には副交感神経が優位な状態の温度が大切

足浴(デトックスに使う場合)のお湯の温度は、冬場で40〜41℃、夏場で38〜39℃

くらいが適切です。脳の中の視床下部が体温の上がりすぎを温覚(ルフィニ小体)で

監視しています。42℃以上になると、交感神経が働き血管収縮して、リンパの流れ

が悪くなります。

 

足湯でデトックス

目的:本来、足裏には毒素を排泄する機能があるが、化学繊維でできた靴下などが

   それを邪魔している。足裏からは、角質を通じて比重が重い毒素が排泄されるが

   排泄できなくなると、他の出口から毒素が排泄される。

 

リンパ管が詰まって、リンパに渋滞が起きるため、リンパで処理できない老廃物が

首、耳の周り、あご、手など上半身から出る事が多い。

足湯や入浴によってリンパに流れ込む老廃物を減らせば、リンパがスムーズに

流れ上半身の症状が軽くなる。

 

リンパについて

リンパには、末梢血管からの老廃物も皮膚や毛穴から吸収した化学物質が蓄積します

静脈血は数十秒で肺に戻ります。処理しきれない老廃物は、リンパ節の中で

白血球がゆっくり時間をかけて老廃物を処理しています。

リンパの流速は 0.1/秒以下とゆっくりです。

また、リンパにおいても処理できない物質(重金属や鉱物油などの有害物)は

筋膜や毛髪・膠原組織に封印して無害化しています。

 

リンパにはどのようなものが溜まるか?

リン

ジュクジュクしてミミズ腫れ

硝酸性窒素

チクチクして赤くなる

硫黄

カサカサして痒い

重金属

毛穴の奥から痒い

   

 

 

 

 

   リンパに老廃物が溜まると上記のような症状が起こります

 

春先になるとアレルギーが起こりやすい理由

冬場は夏場と比較すると全身の血液循環量が少なくなります。

冬は血管が存在しても血液がたまにしか流れ込まない血管もあるという事です。

冬は、使用していない血管や筋膜組織に、老廃物や毒素は封印されています。

     春になると、血流が良くなり、その溜まっていた老廃物を開放していきます。

   春は、体の中に溜まったものを、外に出そうとする働きが起きる時期です。

 

下図 夏の血流(上)と冬の血流(下)

血管には常時血液が流れているものと、負荷がかかった時のみ血液が流れ込む血管(グローミュー血管)で血流の調整をしています。

 

冬場は経皮吸収した洗剤の成分、合成香料、合成着色料などの成分が グローミュー血管に蓄積します。

 

副交感神経が優位になった時や入浴や運動などによって血流が良くなった時に

グローミュー血管に蓄積した老廃物が出てきます。一度に出てくると、過敏症状を

起こします。アレルギーは、このパターンが多いです。

アレルギーには、季節の要因もあります。

春になると、気温の上昇と、光のエネルギーが、強くなることで冬場に溜まった

老廃物が一度に肺に戻り始めます。  

  肺が老廃物を処理する能力を超えた場合は、リンパ節から老廃物がオーバーフロー

する現象が起こります。すべてのリンパが戻るのは鎖骨ですが、鎖骨部分が根づまり

したら、顎下リンパ節 耳介の前後のリンパ節に負担がかかります

 

主婦湿疹にも足湯や入浴が有効

主婦の方は、1年を通して、洗剤や消毒薬など何らかの化学物質に暴露していると

思います。特に、家庭用品に含まれている鉱物油がリンパ組織、グローミュー血管

重金属が、筋膜組織に封印されています

  毛穴に水泡ができて、開口分泌(エキソサイトーシス)によって排泄されます。

  手から肺へのリンパの流れをスムーズにするためには、足湯や入浴に意義がある。

 

「酒さ」など、手や鼻の頭にうっ血が起きているリンパの詰まりにも!

皮膚の表面にくっついた入浴剤 化粧品、毛染めなどの色素・合成香料などの  

 化学物質が経皮で体内に侵入する。

 肝臓などで代謝を受けず 鎖骨下静脈から吸収され全身を巡るリンパが詰まる

➡ うっ血が起きる 内臓まで詰まれば 酒さが起こる。

バスエッセンスを使いリンパの掃除やササヘルスの内服などでリンパの流れを整える事が重要

(門脈が詰まると下の手のようになる場合が多い)

原因はリンパのうっ血です 経皮のケアから考えましょう