新着情報

有限会社イナイ
有限会社イナイブログ
ベジタブルオイルRevi
漢方相談
漢方アロマエステブログ
シースカイ
ブランズチキンエッセンス
漢方美容研究会
漢方美容研究会ブログ
漢方のイナイ


カテゴリー
問い合せ

検索看板



RSS 1.0 ATOM 0.3
牡蠣肉エキス

JUGEMテーマ:健康 

 

石巻産牡蠣肉エキスに

紀州産樹上完熟梅を配合したエキス

梅梅オイスターを開発しています。

 

 

特徴として、牡蠣肉の酵素を活かす為に、無添加の物を使用しています。

梅は、「残留農薬不検出のもの」を使用しています。

 

 

≪もともと牡蠣肉エキスはどのような人向け?≫

 

1、間食が多い・パン食・甘いものを取り過ぎている

2、嗜好品に砂糖を入れる

3、ビールなどの糖分が多い   

 

など、このような人に良いのです。

 

 

≪牡蠣肉エキスを飲む目的≫

A ダイエットしてリバウンドする人の基礎代謝を上げる

B 瞬発力を必要とするような運動時の栄養補給

C 炭水化物過多が原因で冷え性、疲れやすい方

 

 

≪理論:牡蠣は、白色筋線維を持つ(軟体動物の仲間)動物です。≫

 

*食べ過ぎ、飲みすぎなど炭水化物過剰時は、

グリコーゲン生成を促進して、過剰な糖分を肝臓にエネルギーを溜めます。

(これらの機能があるから 糖尿病や肝臓病にも効果があると思われます)

またエネルギーが不足時には、解糖を促進して、好気的にエネルギーを作ります。

 

 

牡蠣は、活動するための消費エネルギーよりも摂餌量が上回った時には、

余ったエネルギーをグリコーゲンとして蓄えると特性があります。

二枚貝では見られない特性です。

 

牡蠣は水辺に棲む生物で潮が引いた場合でも

2週間くらいは生きているのは理由です。

その様な酵素活性を利用してサプリメントを作ります。

 

 

       

製品に防腐剤を使用してしまうと、牡蠣肉の酵素活性を損ないます。

完熟梅の抗酸化力を利用して添加物ゼロに成功しました。

 

 

≪商品の使用例≫

子宝相談で使う場合は 

女性は→ 炭水化物過多が原因で冷え性がある人にお勧め

男性は→ 炭水化物過多で気力、精力が減退している人にお勧め

 

 

≪実践での使い方≫

症例;炭水化物過多が原因で冷え性、疲れやすい

   ダイエットしてリバウンドするので基礎代謝を上げるため

身長 156cm 46kg 49歳 

服用方法 1日6プッシュ

 

 

≪お勧めした理由≫

牡蠣は糖質の分解、貯蓄を速やかに行う酵素活性がふんだんにあります。

食べ過ぎ、飲みすぎなど炭水化物過剰時は、過剰な糖分を肝臓にエネルギーを溜めます。

またエネルギーが不足時には、解糖を促進して、好気的にエネルギーを作ります。

代謝が悪い(=内臓からの産熱が不足しがちなタイプ)の場合に使うようにしております。

 

 

≪どのような変化が見られた≫

服用数日から浮腫みと冷えが取れてスッキリしてきた。朝も起きるのが楽になり

たくさん食べても太らない体質になった。

 

 

≪症例:心身疲労≫

男性 42歳 

2人の子宝相談に来ている夫婦ですが、ご主人の仕事が忙しいので 帰宅したら疲れ切っている。

夫婦生活の機会が減り、タイミング法は試みているがうまくいかない。

 

オイスター夜 6プッシュ

 

頭の疲れが良く取れて、仕事も夜の生活もやる気が出てきた。朝起きが楽になる。

お酒が翌日まで残りやすかったのがスッキリしている。実は糖尿病予備軍だったが

良くなっていた。

 

 

牡蠣肉エキスが効くのはミネラルが特殊な事(コンデンサーのような構造になっている事)

牡蠣のミネラルの電気的なエネルギーを引き出しやすくするため

バッテリーのように電解液にしていることです(電解液代わりにpHの低い梅を併用)

ミネラルが何故特殊なのか?解説します。

 

牡蠣はエラを使って餌を取り込んでいます。

エラは大量の海水を吸い込み、この中に浮かんでいるプランクトンを取り込みます。

 

そのため牡蠣1個につき、1日400リットル以上の海水を吸い込み、ミネラルを凝集させます。

 

こうして牡蠣は、強靭な結晶ミネラルを形成します。 

構成元素としては、カルシウムの他にストロンチウムケイ素マグネシウムが極微量含まれます。

 

牡蠣に含まれる(真珠層ミネラル)

 二枚貝の炭酸カルシウム

カルシウムと有機質の複合した物質で

結晶が非常に硬く 層状になっている

アサリなどの二枚貝は、入水管からえさの混じった海水を取りこみ、いらなくなったふんなどを出水管から外に出します。

脆い炭酸カルシウムの結晶です

 

二枚貝の炭酸カルシウムは胃酸の中和、腸内環境の改質に使用する

牡蠣のカルシウム(牡蠣殻ではなく、生体内のカルシウム)は エネルギーを発生させる目的で使用する