新着情報

有限会社イナイ
有限会社イナイブログ
ベジタブルオイルRevi
漢方相談
漢方アロマエステブログ
シースカイ
ブランズチキンエッセンス
漢方美容研究会
漢方美容研究会ブログ
漢方のイナイ


カテゴリー
問い合せ

検索看板



RSS 1.0 ATOM 0.3
子宝相談には旨味が必要

JUGEMテーマ:不妊治療

 

内臓疲労が改善すれば骨盤の下部にある

子宮や卵巣、膀胱などの血流が

良くなります。

 

子宝相談では

内臓の動きが悪い方が多いため

子宮や卵巣の機能が低下している方が多く

当店では、旨味を使った指導をしています。

 

 

「体重はそんなに重くないのに

お腹だけポッコリしている方」は

内臓が疲労しています。

食べると太るおばちゃんの秘密 参照)

 

 

そんな時は、「旨味」が必要です。

旨味とは、唾液が持続的に

しっかり出る素材の事です。

 

 

旨み商材活用は”唾液を出す”ことから始まる

 

唾液の作用とは

 

ー浄作用:口の中をきれいにします
⊂嘆什醉僉Эべ物を消化します
6貼減醉僉⇒惑涅醉僉

 咀嚼、嚥下、味覚を助けます
す涯欹醉僉Ч涯歙分が

 微生物の増殖を抑制します
ゴ望弸醉僉Цの中のpHを調整します
潤滑作用:粘膜を乾燥から守っています
Ш得亞ゲ什醉僉

 歯を守り、歯の表面を修復します
┗潦蟶醉僉発声を助けます
その他

 

 

 「唾液」には

 

老化防止ホルモンと呼ばれているパロチン

細胞の修復を即すEGF(上皮成長促進因子)

脳神経の成長を促す

NGF(神経成長促進因子)

などが含まれます。

 

 

人の五感は脳に情報を送るアンテナです。
「視覚、聴覚、触覚、嗅覚、味覚」

の5つのアンテナがあります。


デジタル刺激、アナログ刺激も受け取り

脳で認識しています。

スマホやパソコンの使用では

視覚や聴覚刺激が強く、脳が疲労します。

 

そこで脳を癒すのは

いい香りや美味しい物の刺激です。

 

 

 カラダの組織にかかせない物質が多い唾液 

「安静時唾液」

顎下腺=65%  耳下腺=23% 

舌下腺=4%  小唾液腺=8%

 

耳下腺からは・・・さらさらした唾液。 

 

顎下腺や舌下腺からは・・・

免疫に関係している粘々した唾液が分泌。

 

さらさら唾液は

食事などの刺激で分泌量が増大し

唾液全体の50%以上になります。

 

ストレスがかかる

分泌が少なくなります。

  

さらさら唾液が常に出ている状態が

内臓疲労を改善します。

 

 

 

「旨味素材の使い分け」

 

乳酸菌黒糖発酵エキス 

 

乳酸菌 、酢酸菌 、酪酸菌 、酵母などの

共生培養エキスを飲むと、情報が脳に伝わり

胃腸だけではなく肝臓や腎臓など

内臓が動きます。

 

腸が正常に動くことで

骨盤下部にある子宮卵巣

前立腺、膀胱などが

圧迫されているのが改善します。

 

 

牡蠣肉エキス

 

肌のきめを細かくし、顔色を改善。

白髪や髪のボリュームアップ

抜け毛などに使用します。

 

脳の栄養補給により身体が元気になります。

 

肝臓病 、貧血 、授乳中でも安心して使える

栄養補給剤 。

 

男性は精力剤に!

当店で使用している牡蠣肉エキスには

完熟梅エキスが入っています。

 

牡蠣のマイナスイオンの効果で

他の商品が、より効きやすくなります。

(漢方薬・ササヘルス・大高酵素など)

 

大手牡蠣メーカーの商品は

石巻産牡蠣から始まった 高価な牡蠣エキスが

今までよりお安く提供できます。

 

 

完熟梅エキス

 

髪や肌にトラブルが多い人に使用します。

 

若い世代では 、胃腸虚弱 。

妊活では、不育症 。

妊娠中は、つわりに。

 

ミドルエイジには

原因不明のアレルギーや泌尿器の病気など。

 

シニア世代には

関節のトラブル、皮膚のトラブルなど

免疫関係の病気に。

 

 

食物には、栄養素がありますが

反栄養素と呼ばれる「食物毒」もあります。

 

舌の中心部分から分泌される

ネバネバした唾液分泌促進によって

食物毒を中和します。

 

食物毒を消す事で

免疫が正常になりますので

原因不明のアレルギー疾患に

悩まされている方には、お勧めしています。

 

《使用例 》

紅豆杉、タビボなどとの相乗効果がある

など旨みを使い治療が可能。

 

 

 

無添加リンゴ酵素液

 

肌荒れ、ニキビ、浮腫みなどの

トラブルに使います。

 

胃腸機能のアップ、低体温、自律神経の安定

甲状腺ホルモンの安定に役立ちます

 

漿液性唾液を分泌させて

脂質・タンパク質の消化を促進。

 

苦い薬ばかり飲むと

交感神経が優位になり

臓器が固くなるため

タンパク分解酵素で、緩めます。

 

チロシナーゼ阻害によって

神経伝達物質

(アドレナリン、ノルアドレナリン)、

甲状腺ホルモンを安定化します。

 

甘いものが食べたい時に服用すると

欲求が軽減され、食べ過ぎを防ぎます。

 

柑橘類をプラスし、希釈すると

相性がいいです。

 

 

 

クエン酸、カルシウム

 

浮腫み 、くすみ、 ニキビによく使います。

 

クエン酸は低価格で、高血圧 、糖尿病 、痛風

脂質代謝異常 、胆石、肝臓病 、湿疹などに

使えます。

 

飲みすぎや食べ過ぎ、運動不足などの

血管の詰まりを予防し

肝臓 、心臓が悪くなるのを防ぎます。

 

油の分解を促進しますので

悪玉コレステロールが高い人には

特にお勧めです。

 

夜食べ過ぎの方は

翌朝空腹時に飲むと

腸に溜まった脂肪が溶けます。


運動などの際は

500mlの水に1袋を溶かして

水分補給に使用します。

 

当店で使用しているクエン酸は 

腸でアルカリになるように

「真珠カルシウムを配合」しています。

 

重要な物質が含まれている