新着情報

有限会社イナイ
有限会社イナイブログ
ベジタブルオイルRevi
漢方相談
漢方アロマエステブログ
シースカイ
ブランズチキンエッセンス
漢方美容研究会
漢方美容研究会ブログ
漢方のイナイ


カテゴリー
問い合せ

検索看板



RSS 1.0 ATOM 0.3
防腐剤無添加化粧水の裏ワザ

JUGEMテーマ:無添加スキンケア

 

≪防腐剤無添加の裏ワザ≫とは・・・

 

この裏技に引っかかっている無添加化粧水ユーザーの多さには

驚きが隠せません。表記だけを見て頭で考えて「いい商品」と

思い込んでしまっているのです。

 

 

なんちゃっての無添加化粧水には、

グリセリンやBGなどがたくさん使われています。

多くの商品に使用されているため、

良いか悪いかの判断は、その配合分量なのです。

 

少量入れると保湿成分になりますから、

保湿成分として表記され、全く問題はありません。

 

 

しかし、グリセリンやBGなどを大量に入れると

保湿ではなく、防腐剤としての役割になり目的が変わってしまうのです。

 

結果、防腐剤を入れるよりも 悪いものになっている場合があるのです。

(グリセリンやBGを防腐剤として入れた場合、8%程を入れています。

無理やり無添加という表記にする場合はこのようにします。)

 

 

化粧品の表記では、配合成分は記載しますが分量までは記載しません。

 

グリセリンやBGは界面活性作用も強いので、お肌に塗って擦り込むと

肌のセラミドなどが奪われてしまいます。

 

グリセリンで口紅が落ちるぐらいですから

塗りすぎで、肌が薄くなっていくのは当然のことなのです。

 

 

本来、グリセリンやBGは、油性の成分の溶解補助に使います。

グリセリンやBG、保湿成分、界面活性剤、防腐剤を

最小限に配合するほうが

中途半端に作られた無添加製品より、マシだと言えるのです。