新着情報

有限会社イナイ
有限会社イナイブログ
ベジタブルオイルRevi
漢方相談
漢方アロマエステブログ
シースカイ
ブランズチキンエッセンス
漢方美容研究会
漢方美容研究会ブログ
漢方のイナイ


カテゴリー
問い合せ

検索看板



RSS 1.0 ATOM 0.3
〇〇病に効く漢方薬は!

JUGEMテーマ:健康

 

〇〇病に効く漢方薬はありませんか?

という質問がよくありますが

身体が何らかの原因で悪くなって

症状として出てきたのが「病」です。

 

なぜ、病気になったのか?

原因を考えないと、病気にアプローチはできません。

 

 

病気は・・・

微生物でも体内でも代謝することができない

油性物質(鉱物オイルなど)や重金属による汚染

植物毒(レクチン)によって起こる免疫異常。

 

リン、窒素、硫黄化合物などが

代謝できていないことによって

腸内環境の悪化を招き、発酵ではなく腐敗が起こるなど

 

様々な原因で、病気になります。

 


 

例として、糖尿病になる原因を考えます。

 

糖尿病は、糖の代謝が悪くなり起こります。

血糖値を下げるには、インスリンが必要です。

 

インスリンの分泌に問題がある。

分泌されていても受容体が応答しない。

糖を運搬する赤血球に問題がある。

糖を代謝する細胞に問題がある等

どこを治せば良いのか?何を調べないといけないのか?

まず、そこを考えましょう。

 

 

インスリンの分泌に問題がある場合

1、インスリン分泌腺に対する抗体ができる(抗膵島細胞質抗体)

自己免疫性1型糖尿病が疑われるとき

診断確定のマーカーとして,ICA抗体、GAD抗体,IAA

IA-2抗体(4種が膵島関連自己抗体)と、ともに測定する。

 

 

2、インスリンの原料不足

膵臓内にあるランゲルハンス島のβ細胞で、インスリンが作られます。

インスリン、プロインスリン(PI) の前駆体分子の比率を調べれば

β細胞機能障害の指標になる。

P/I比は,耐糖能の悪化の程度に従って、有意に上昇する。

 


 

インスリンの受容体に問題がある場合

インスリンが分泌していても受容体に抵抗性がある

\菘契症候群 インスリン受容体自体の異常

インスリンシグナル伝達ステップに先天的な異常

ぜ己抗体が後天的に作られ

 インスリン作用が抑制または、促進される。

 

 

 

糖の運搬に問題がある場合

糖輸送担体の異常

グルコースは、ほとんどの細胞代謝に不可欠な基質である。

グルコースの分子は極性を有するため、生体膜を通過するのには

特別な膜輸送タンパク質を必要とする。

 

GLUT1は、インスリンでも反応するが、インスリンの有無に関わらず

GLUT1は細胞膜上に存在してグルコースを取り込む。 

 

成人では、赤血球で最も高頻度に発現している。

すべての細胞で、呼吸を維持していくのに必要な

最低限のグルコース取り込みに深く関わっている。

 

 

GLUT2は、グルコースを輸送するの尿細管上皮細胞および

小腸の上皮細胞それに、肝細胞と膵β細胞に発現している。

 

3種類の単糖類(グルコースガラクトースフルクトース)はすべて

GLUT2によって小腸の粘膜上皮細胞から門脈循環へと輸送される。

 

GLUT3おもに神経細胞胎盤に発現。

 

GLUT4は主に脂肪細胞、骨格筋、心筋に認められ

インスリンがないとき細胞内に沈んでいるが、

インスリンにより細胞膜上へと浮上してグルコースを取り込む

‥を運搬するヘモグロビンに異常が生じる(ポルフィリン症)

メトヘモグロビン血症など窒素化合物が原因の一つ

⊃品添加物など絨毛などの障害

インスリン抵抗性

 

 

 

細胞での代謝に問題がある場合

細胞での代謝異常は、エネルギーを作り出す

ミトコンドリアの病気が考えられます。

 

ミトコンドリアは、全身の細胞の中にあって

エネルギーを産生する働きを持っています。

 

そのミトコンドリアの働きが低下すると

細胞の活動が低下します。

 

例えば

*脳の神経細胞であれば、見たり、聞いたり

物事を理解したりすることが障害されます。

 

*心臓の細胞であれば、血液を全身に送る事ができなくなります。

 

*筋肉の細胞なら、運動障害や疲れやすくなったりします。

 

 

 

TCAサイクルの異常

解糖系後半のステップを、Hg2+などの重金属が

酵素の活性部位のタンパクと反応した場合

酵素反応が不可逆に阻害される。

 

 

 

TCAサイクル以外の異常

核内の受容体異常。

長鎖脂肪酸ベータ酸化コレステロール胆汁酸の合成。

アミノ酸プリンの代謝などを行う。

ペルオキシソームの代謝異常。