新着情報

有限会社イナイ
有限会社イナイブログ
ベジタブルオイルRevi
漢方相談
漢方アロマエステブログ
シースカイ
ブランズチキンエッセンス
漢方美容研究会
漢方美容研究会ブログ
漢方のイナイ


カテゴリー
問い合せ

検索看板



RSS 1.0 ATOM 0.3
腸にカビが生え、カンジダになるのは?

JUGEMテーマ:冷え性

 

漢方の考えに「暑い場所で取れるものはカラダを冷やし、
寒い所で取れるものは温める」という事があります。


冷やすものでも、温めて飲めば、冷える訳がないと思うのは間違いです。

コーヒーには、カビ毒が含まれている場合が多く
ローストして時間が経つと、豆にカビが生えやすい

という事が知られています。


コーヒーに含まれるカビなどの微生物によって

腸内細菌の発酵を制御し、特に乳酸菌の発育が抑えられ

腸に共棲しているカビの生育が促進されます。


その結果、腸での発酵熱が低下し、お腹が冷えます。
だから、ホットコーヒーを飲んでもお腹が冷えるという事になります。

 

しかし、コーヒーが悪いわけではありません。

腸にカビが生えなければいいのです。


ローストして直ぐに冷凍庫、真空パックで保存する事。

必要な量だけドリップして飲む事で防げます。

 

 

手間がかかるので無理という人には、飲むコツがあります。

胃酸の酸度が高い日中に飲めばいいのです。
ブレックファーストはコーヒー、午後は紅茶にする事がコツなのです。

    




   

胃液の酸度は、日中が高くて、日没後には低くなります。
日没後はコーヒを飲まずに、紅茶などに変えればいいのです。

 


お茶に関しても同じです。
緑茶や抹茶はコーヒー同様に、腸にカビが生えやすい環境を作ります。
朝は、緑茶や抹茶   

午後からは ほうじ茶、番茶に変えるのが、お腹が冷えないコツです。