新着情報

有限会社イナイ
有限会社イナイブログ
ベジタブルオイルRevi
漢方相談
漢方アロマエステブログ
シースカイ
ブランズチキンエッセンス
漢方美容研究会
漢方美容研究会ブログ
漢方のイナイ


カテゴリー
問い合せ

検索看板



RSS 1.0 ATOM 0.3
合成洗剤はなぜ悪いか?

JUGEMテーマ:健康

 

「石けん」「合成洗剤」の違いに触れてみましょう。

 

タンパク質の汚れや石油系の汚れは落としにくい

よく落とす

 

水で薄まると、すぐに汚れを落とす力がなくなる

水に薄まっても、汚れを落とす力が持続する

 

冷たい水での使用は、洗浄能力が落ちる

冷たい水でも洗浄能力があまり変わらない

 

石けんカスができやすい

カスは出にくい

 

比較してみるとわかるように、ついつい利点の多い

合成洗剤を使用してしまいがちです。

 

しかし、この利点を裏返せば

希釈しても、その合成界面活性剤は残る。

肌に付着しても、なかなか取れない。

と、いうことなのです。

この事を知らないと、「接触性皮膚炎が起きやすい」のです。

 

 

石けんは「皮膚の表面についた汚れだけをおとします」が

合成洗剤は「強い洗浄力で溶かす作用」があります

これは、皮脂膜を守っているセラミドを

一緒に溶かしてしまうことも考えられます。

 

濃い濃度での使用や、洗剤の残留が問題です。

 

【石けんの特徴】 

石鹸の油は、人の皮脂と同じような成分です。

 

【合成界面活性剤の特徴】

疎水基が、より油に近い。油に油が溶ける。 汚れを強力に落とす。

 

強力な油と、強力な水溶性のもので、汚れをむりやり包み込んで落とす。

残留すると、皮膚の中の疎水性成分セラミドをも包み込んではずす。

 

乳化作用のもので保湿をすると、表面は一見保湿したようになりますが

表面だけコーティングしたようになり、保湿もどきで終わってしまいます。

 

それだけでなく問題は、乳化作用の使用で

さらに皮脂が奪われてしまい〈超敏感なお肌〉になります。

 

 

近年、接触性皮膚炎でのご相談も多いのですが

原因と思われる殆どが、シャンプー・リンス・コンディショナー

ボディーソープや洗剤などの、すすぎ不足のパターンです。