新着情報

有限会社イナイ
有限会社イナイブログ
ベジタブルオイルRevi
漢方相談
漢方アロマエステブログ
シースカイ
ブランズチキンエッセンス
漢方美容研究会
漢方美容研究会ブログ
漢方のイナイ


カテゴリー
問い合せ

検索看板



RSS 1.0 ATOM 0.3
ワセリンを塗ると乾燥するのは

JUGEMテーマ:無添加スキンケア

 

冬場になると空気の乾燥とともにお肌も乾燥してきますね。

お肌が乾燥すると、ワセリンを塗る事も多いですが

余計に乾燥してしまうと感じる事も・・・

それは、なぜでしょうか??

 

 

≪ワセリンを詳しく知ろう!≫

ワセリンは石油由来の物を不純物を取り除いて精製したものです。

精製しているためお肌に塗る事自体は悪くはありません。

精製したものでも、精製度の低い物や皮膚科、眼科用などと

分けられます。

 

 

≪特徴≫

ワセリンは、肌への刺激性が少ない

1、肌への吸収率→ ほとんど皮膚に吸収されない

2、水分の透過率→ ほとんどない。保湿力が高く水分蒸発が起こらない

3、耐水性→ 油性が強いため皮膚を水仕事や外的刺激から守る

4、間食やテクスチャー→ ベタベタした感じがあまりない

 

ワセリン自体には潤い作用はありませんが、ワセリンを塗ると油膜をはるため

角質層の水分蒸発を防ぎ、外部からの刺激から皮膚を保護する働きがあります。

 

 

 

≪問題なのは≫

石油由来の商品であるワセリンは、原油の質が良ければ安全に使用することが出来ます。

日本の原油は主に、サウジアラビアや中東が多いです。

中東の油は、分類でいえば中質の重さの油です。軽質の油は、重金属が少ないのですが

中質、重質の思い油になると重金属のような不純物が多いです。

日本の優れた精製技術でも、全て取り去ることは難しいのです。

 

ワセリンの副作用添付文章には

アレルギー、発赤、発疹、かゆみなど。また、接触性皮膚炎も記載されています。

プロペトインタビューフォームや医薬品金属不純物の安全基準等を調べてみると

この原因として、金属不純物が疑われます。

 

 

 

 

≪ポイントは・・・≫

ワセリンは、保湿効果が十分発揮できるので

ワセリンを塗る前に、十分な皮膚の潤いが必要です。

入浴後、まだお肌にうるおいが残ってる内や保湿ジェルなどを

塗った後に、保護としてうすーく塗るのがコツです。

 

 

 

≪うすーくがポイントの理由≫

ワセリン自体が石油性の物なので油性です。

たっぷり塗り過ぎると、皮脂膜の油が奪われていくのです。

 

ワセリンは、ベタベタする程つけるのではなく

うすーくつけて、さらに乾燥するのを防ぎましょう!

 

 

</p>