新着情報

有限会社イナイ
有限会社イナイブログ
ベジタブルオイルRevi
漢方相談
漢方アロマエステブログ
シースカイ
ブランズチキンエッセンス
漢方美容研究会
漢方美容研究会ブログ
漢方のイナイ


カテゴリー
問い合せ

検索看板



RSS 1.0 ATOM 0.3
望診法 4 目の周りからわかる事

JUGEMテーマ:漢方

 

≪目の周りから得られる情報について≫

眼の周囲のくまや充血の様子、顔の左右非対称からも情報が得られます。

 

「目頭の充血」は、心臓からの血流過多によって起こり

「目尻の充血」は、おもにストレスが原因により起こります。

 

「上まぶたの浮腫み」は、主に肝臓で処理することができない老廃物で

比重が軽いものが溜まった時に起きやすいです。

 

「下まぶたの浮腫み」は、腎や胃腸系の老廃物が溜まった時に起きやすく

比重の重いものが、原因の場合が多いです。

 

「眼瞼に脂肪ができている人」が健康診断を受けたら、脂質代謝異常が見られたり

または、肘や膝のブツブツができたり、アキレス腱の肥厚があるなど

体をよく観察すれば、病気のサインを見つける事が可能です。

 

医学では、身体的な所見を見る・聴診器で音を聞く

それで異常がありそうならば、精密医療機器で検査するのが通常でしたが

時代の流れというべきでしょうか、いつの間にか聴診や触診などせず

いきなり検査するような医療機関も増えて来ました。

 

古くから活用されている望診も、もっと伝承されるべきではないでしょうか。