新着情報

有限会社イナイ
有限会社イナイブログ
ベジタブルオイルRevi
漢方相談
漢方アロマエステブログ
シースカイ
ブランズチキンエッセンス
漢方美容研究会
漢方美容研究会ブログ
漢方のイナイ


カテゴリー
問い合せ

検索看板



RSS 1.0 ATOM 0.3
ダイエットでリバウンドしやすい人の腸内環境

JUGEMテーマ:健康

 

「腸内フローラ」「腸内環境を整える」などの言葉をよく耳にします。

自分の腸の中の環境を良くするってどういうこと?

分かりやすくお話したいと思います(^^)/

 

腸の中の発酵が弱くなると、食事のたんぱく質(リン、窒素、イオウ含有している)

代謝がうまく出来なくなります。

代謝がうまく出来なくなると、たんぱく由来の老廃物がどんどん蓄積されます。

 

老廃物とは、リン・窒素・イオウ、がもっとも酸化した状態の

リン酸イオン・硝酸イオン・硫酸イオンの事です。

 

これらが多くてもすぐに、病気になる訳ではありませんが体調に支障が出て来ます。

このような老廃物が溜まった時の体質を「酸性体質」と呼びます。

 

腸内発酵ができなくなると下記のような老廃物の蓄積ができます。

 

実際によくみられるタイプ

リン酸イオンや硝酸イオンが、そのまま代謝できていない人が多くいます。

 

このような時の腸の中は ↓

 

腸の中に腐敗が生じます。特に、油の分解ができなくなります。

食べ過ぎや生活習慣病と呼ばれるものは、このタイプで、対応する商品も色々あります。

 

 

一般的な商品対応では、商品効果がでにくいタイプ (難病の場合が多い)

硫酸イオンの場合は、少し対応が変わります。

硫酸イオンが多いという事は、硫酸が硫化物に還元できていないという事です。

 

このような時の腸の中は ↓

 

慢性疾患や、肌のトラブルが起きやすくなります。

*正常な腸の場合は、重金属の解毒に関して、腸内細菌で作った硫化物イオンで

重金属を、不溶性の塩にして、無毒化しています。)

 

腸に重金属が存在すると、酵素の金属活性を阻害するため

免疫系、代謝系に異常が起きてきます。

 

 

 

*「腸内発酵が弱くなる」というのは、免疫系・代謝系に大きな影響があるのか?

 

まず、正常な腸の状態を説明します:

体内の最大のリンパ組織があるのは、空腸・回腸(パイエル板)です。

パイエル板辺りは、乳酸菌、酵母、芽胞形成菌などの複合発酵で、pHは弱酸性です。

 

「発酵が弱くなる」とは、パイエル板辺りの細菌叢が本来の善玉菌から

悪玉菌に変わってしまったということです。

これが免疫亢進や免疫不全の原因となっています。

 

「発酵が弱い腸」の人は、本来行うべき摂取した油の処理ができないという事です。

(詳細は下記のYouTube説明を参照)

 

 

 

では、発酵が弱い腸になる原因は何でしょうか:

食品の中に入っている食品添加物の防腐剤や窒素肥料過多の野菜、薬など。

食品添加物の防腐剤(菌が繁殖せず物を腐らさない)というのは、腸内細菌も殺すという事です。

窒素肥料過多というのは、肥料を過剰に与え早く野菜を成長させ、大量出荷をする事です。

薬の中の化学合成する時の触媒。マーガリンの油の処理に使用される触媒ラネーニッケル。

 

 

 

発酵が弱い腸になると、体はどうなるのでしょうか:

1:重金属(化粧品・日用品・不純物未処理の石油材料の製品など)が

処理できなくなります。

体内の酵素の金属活性を阻害するため、免疫系や代謝系に様々の異常が出て来ます。

 

イオン化傾向が銅よりも大きいニッケル・コバルト・クロム・ナマリ

スズなどの金属は、一般的な対応が可能です。

しかし、イオン化傾向が小さい水銀が溜まると、難病となりやすく

一般的な対応+αの対応が必要となります。

 

水銀が溜まると、TCAサイクルが回らなくなり、糖代謝が出来なくなり

血糖値が上がり、糖尿病になるパターンがあります。

 

また重金属は、電磁波のアンテナになり、病気の引き金になります(免疫系の破壊など)。

そして重金属は、生殖器・肝臓・甲状腺・脳に蓄積しやすいのです。

 

慢性疾患や、治りにくいお肌のトラブルが起きやすくなります。

 

 

2:疎水性物質(油性)の分解処理が出来なくなり、体内に蓄積します。

油性の物には、その材料として重金属を含んでいる場合が多いです。

 

窒素が赤血球と引っ付くと、赤血球本来の酸素を運ぶことが出来なくなります。

慢性疲労や基礎代謝が低くなり、疲れやすい、太りやすいの症状が出て来ます。

リン酸イオンが過剰になると、蕁麻疹、むくみ、化膿した傷が治りにくいや

感染症にかかりやすいなどの症状が出て来ます。

 

 

3:ウィルス・カビなどの感染症にかかりやすくなります。

イオウの代謝が悪いと、その硫酸基を目指してウィルスが引っ付いて来ます。

重金属の存在は、ウィルスが増殖しやすい環境でもあるといえます。

 

4:身体的及び、精神的な変化(肌、性格、目つき、体臭など)は、YouTube説明参照

 

 

 

それでは、「発酵が弱い腸」の時の対処方法はどのようにすればよいでしょうか:

遅い時間にカロリーが多いものを食べ過ぎた場合→ クエン酸・カルシウムや

大麦若葉などを利用します。

 

もう少し腸内環境が悪くなった場合→ 緑の商材や大高酵素などだけで

殆どの方は対応ができますが、中には処方したものが効きにくい場合もあります。

 

リン酸イオン・硝酸イオン・硫酸イオンの3つを排除すると

処方した商品の反応が良くなります

 

まず、硫酸の代謝が出来ないと重金属等の解毒能力が低下してきます。

それが、病気の引き金となってきます。イオウ代謝の悪い時は、初めに

イオウ代謝ができるものを摂取して代謝をよくすると

リンの代謝や窒素の代謝もしやすくなります。

 

 

下記の1〜3 のアドバイスをしたのち、緑の商材や大高酵素を使用すると

代謝がスムーズになります。

 

1:硫化物イオン補助の為、有機イオウなどを外から足す(イオウ代謝の悪い時)

 食材は、ニンニク・クレソン・パクチー・パセリ・セロリなどに含有。

 

2:重金属をキレート化、吸着して排泄促進する(フルボ酸 キチンキトサン、薬用炭など)

 

3:溜まった油の処理をする

 3-1 胆汁製剤・利胆作用のあるもの・サポニンなどで、油溶解補助。

 3-2 イマオルト(水素吸蔵サンゴカルシウム)で、腸内の掃除をして

油を処理した後、セルピュアα(酢酸菌・乳酸菌)ペクチン(植物繊維)などを補う。

難病の場合は自律神経系が弱っているため、神経伝達物質(カテコールアミン)の分解や

酵素阻害剤(チロシナーゼ阻害)の活性がある、リンゴの発酵液を使うとよい。

 

腸内の硫酸イオンを除去したい場合、腸内の硫酸イオンとイマオルトの炭酸カルシウムが

イオン交換して腸内で無毒化となり、炭酸と硫酸カルシウムになる。

炭酸は炭酸ガスとして気化して排出。硫酸カルシウムは、水に溶けない物質になるので

重く沈殿して、便として排出。

 

     

 

難病の場合、体質を元に戻すには、時間を要します。

まずは、気になる外用から始めるほうが、結果が早く出るので精神的にも楽になります。

同時に対処を開始しても、内的にはあせらず長期戦としてが良いと思います。

 

 

下記のYouTubeでも解説していますが、腸の発酵が弱くなっている時は

肌がヌルヌルして、菌も多く、菌のバランスも悪くなっています。

 

次の商品などが、外用的には早く結果の出やすい商品です。

 

スカイローション→ シリカミネラルケイ酸イオン水和物・鉱物ホワイトカオリン

シースカイジェルクリーム→ レパゲルマ(ゲルマニウム)・乳酸桿菌黒糖発酵エキス

クマササの入浴剤→ クマザサ葉エキス「リグニン」