新着情報

有限会社イナイ
有限会社イナイブログ
ベジタブルオイルRevi
漢方相談
漢方アロマエステブログ
シースカイ
ブランズチキンエッセンス
漢方美容研究会
漢方美容研究会ブログ
漢方のイナイ


カテゴリー
問い合せ

検索看板



RSS 1.0 ATOM 0.3
ホルモンを温存してホルモンを確保するには

JUGEMテーマ:不妊治療

 

【漢方薬を使った子宝相談は、ホルモンを温存してホルモンを確保するものです。】

 

オイスター、スクワレン、クロレラ、γリノレン酸、完熟梅などのサプリメント

当帰、地黄、芍薬、丹参などの漢方薬。これらは、どのように効くものでしょうか?

 

≪ホルモン補充療法のメリット≫

効き目がシャープである

物質的に安定している

 

≪ホルモン補充療法のデメリット≫

補充を中止すると、自己でのホルモン分泌を作る量が減少する

(ネガティブフィードバックとポジティブフィードバック)

 

≪天然物のメリット≫

脳がフィードバック制御を行わない(ホルモンの自然分泌)

必要な物質に代謝され、体が必要とするものを作り出す

 

≪天然物のデメリット≫

物質的に不安定

 

 

「天然物の利用とは・・・・」

 

子宝においては、自分のホルモンは内膜を厚くする・ふわふわにするなどの

役割に専念させ、それ以外のホルモンの仕事を休ませます。

休ませた分のホルモンの仕事は、漢方薬などの生理活性物質を利用して

漢方薬で代用します。

 

こうすると、自分にあるホルモンのムダ使いをしなくてよいのです。

 

ホルモン補充のように、自分のホルモンを使いながら足していくのではないのです。

 

 

👇詳しく解説しています。