臭いは 内臓の腐敗!!

 

悪臭の原因となる成分は「 硫化水素」「メルカプタン」「インドール」
「スカトール」「アンモニア」「吉草酸」等のガスと言われています
これらは食事で摂取した「たんぱく質」を腸内細菌が
アミノ酸以外の物質に分解、代謝された結果できたものです
特に未消化のまま小腸を通過してから便秘で大腸に長くとどまると腐敗が進み、量は少なくても強烈な悪臭がします。

硫化水素・・・腐卵臭。腐った卵のニオイです「おならの臭い」

メルカプタン・・・もやしなど茹で上がった時の臭い、たくあん臭、腐敗タマネギ臭。少量でもかなり臭いです

インドール・スカトール・・・糞尿臭。「ウンチの臭い」

アンモニア・アミン類・・・肉の腐敗臭、魚の腐敗臭「トイレの臭い」

吉草酸・・・「汗の臭い」

腸内細菌の悪玉菌優位から善玉菌優位になると
腸内の腐敗がおさまり 「醗酵」になります


醗酵・・・食物中のセルロース、炭水化物、脂肪が腸内で発酵
     この時にでるガス(主成分は二酸化炭素、メタン)
     特に、イモや豆を食べるとでます
     ちなみに、意外と臭くはありません


腐敗・・・臭いオナラ 
      消化不良時にタンパク質が分解する時に発生
      発生量は少ないですが、これが臭いのです
      インドール、スカトール、アンモニア、硫化水素


腐敗と醗酵の違いは 酸化のされ方の違いです

腐敗は 活性酸素を主体とする酸化反応

醗酵は ミネラルや抗酸化物質により酸化が制御ができている反応


腐敗が優位な環境にいると
カラダの中から腐敗が起こり体臭の原因に!!

腸の腐敗抑制にお勧めが

完熟梅エキス「うめの躾」やりんご酵素(セルピュアα)です

 

耳の後ろに…おじさんがいる!

■後ろにおじさんがいる! と思ったが

 振り返ると誰もいない…自分の体臭だった

1 身体の外からの加齢臭対策!

加齢臭のにおい物質『ノネナール』は耳の後ろから分泌されます

最近は、おばさんでも「おじさん臭」がすることがわかってきた
耳の後ろを清潔にしちゃえば良いのか?

そうではありません。女性ホルモンの機能低下で起こるために起こります

「ノネナール」の元になる脂肪酸の酸化を抑える必要があります

脂肪の酸化を防ぎ、余分な脂肪を代謝するのが女性ホルモンの働きです

だから漢方が効くのです

入浴方法もアドバイスがあります
入浴直後から脂肪酸の酸化は始まります
お風呂上がりすぐに 耳の後ろや首まわり
そして頭皮「クマザサバスエッセンスの100倍希釈液」

シュッとスプレーするのがポイント!
更に体臭・加齢臭対策として定評のある
「あらいはま石鹸」で洗うと効果アップ!!

どうしておじさん臭がするのか? 動画参照

2 身体の中からのケアはどうすれば・・・

食物中の脂肪分は消化酵素や腸内細菌で分解され         
腸→肝臓に運ばれ必要な栄養素に変換されます
腸の状態が悪くなったり肝臓の機能が低下すると
血液中の有害な脂肪酸が増加
肝臓→肺→心臓→動脈中に入ります
比重の軽いものは頚動脈→脳底動脈を経由し
脳に運ばれてきますが
血液脳関門があるために脳には進入できません
有害な脂肪酸は皮膚より排泄されます
その排泄される場所が 耳の裏なのです

人により 大麦若葉、乳酸菌産生エキス、食物繊維などを
使い分ける事が大切です

 

ストレスによる体臭の特徴は

ストレスによって出てくる体臭についてご存知でしょうか?

ストレス体臭とは、自分が食べたもののニオイが2〜3日後に表れる

体臭の事です。ただし、食べ物のニオイがそのままするのではなく、

体内で微妙にニオイが変化して外に出てきます

甘いような、脂臭いような、揚げ物のような、ネギのような、
コーヒーの飲み残しのような、加齢臭のような…

ストレス臭は人によって異なるニオイです

食べるものが人によって異なるためストレス臭もたくさんあります

ストレス臭がする部分 動画参照
ストレス臭が悪化してくると

ホコリっぽいにおいロウソクみたいなにおいが、混ざってきます
アンモニアのような「ツンとしたにおい」が出る事もあります
30歳を過ぎれば誰でも起こるにおいですので気にしないようにしましょう

 

 


 

陰性体質の頭皮は・・・

陰性体質の特徴

陰性の体臭がする方は 表面的には乾燥肌に見えても
実は脂性(あぶらしょう)という場合があります。


脂の酸化した「におい」が部屋をただよい、
自分の枕からは 「くさい臭い」がする
何か気分が悪い(オエ〜)、不快(食欲がなくなるにおい)・・・
洗顔は毎日2回しているし、頭からは「ふけ」が出ているから
乾燥肌だと思うけど、あぶらの臭いがする
絶対自分のにおいだぁ!!
このような経験ありませんか?

頭皮の皮脂が過剰に分泌されると、
頭皮の湿度皮脂をエサにして菌が繁殖しやすくなります
菌が、皮脂を遊離脂肪酸に分解します
脂肪酸が頭皮を刺激して炎症を起こします。

陽性体質の方は 皮脂をニキビなどの形で排泄しますが
陰性体質の場合は 頭から分泌される事が多いのです


結果的に「ふけ」「かゆみ」「臭い」などの症状が出ます。

頭皮が臭いのは、
脂漏性皮膚炎の原因菌【マラセチア】のせいかも??


マラセチアとは、真菌(カビ)の一種で、
健康な人でも皮膚に寄生している常在菌です。

マラセチアは、脂質が多い場所を好み、
頭や鼻などの皮脂の多い場所で増殖していくのです。

にきび、わきが、顔がかゆい、前頭部の髪の毛が薄くなってきた
マラセチア感染症
の可能性もありますので注意しましょう

このような方の頭皮ケアには
クマザサのバスエッセンスを100倍に希釈してスプレーするのがお勧めです

匂いと臭いの違い

匂いと臭いがあり、臭いと匂いの違いは ヒトの感覚で分けると

臭いは くさいニオイや不快なものを意味し

匂いは 花の香りや快適なにおいを意味している


また「臭い」は陽性臭陰性臭に大きく分かれます

陽性臭には 刺激臭があり 陰性臭には 腐敗臭がある


1 陽性臭には 焦げ臭い、汗臭い刺激臭、オシッコくさい
        加齢臭、ホコリくさい、薬品くさい、ゴムくさい

 

陽性臭は元気なヒトからは誰からでも分泌されている
陽性の臭いは オシッコとして体外に出ているので
オシッコを我慢していたり
ストレスが溜まり冷や汗をかく状態に追い込まれると

汗から陽性臭が分泌されます

 

2 陰性臭には かび臭い、うんこくさい、まとわり付くにおい、
        むわぁ〜とする口臭などがある


体臭で悩み、気にしている方が多いですが
体臭は自分から出ているとは限らないのです

陰性体質の人は、他人の陽性臭を引き付ける事があります

体質が陰性になっている時はニオイに対して敏感になっています
他人が発した臭いをもらっていても、自分からニオイが出ていると

勘違いする事があります。
 


皮膚表面は 陰性なのですが十分に保湿ができて、
皮膚の潤い成分があれば皮膚が弱い陽になり
陽性臭を弾き飛ばしたり、中和するのです

また

ウンコのにおいは 陰性であるため
皮膚表面が陽性にならない限り、まとわり付いてきても
長時間臭いが残る事はない
しかし シャンプーや化粧品で石油系のものを使うと
肌表面は強い陽性になるので陰性臭もこびり付いてきます


★このような方は静電気も多いため
 他人の陰性臭を引き寄せやすい場合があります