新着情報

有限会社イナイ
有限会社イナイブログ
ベジタブルオイルRevi
漢方相談
漢方アロマエステブログ
シースカイ
ブランズチキンエッセンス
漢方美容研究会
漢方美容研究会ブログ
漢方のイナイ


カテゴリー
問い合せ

検索看板



RSS 1.0 ATOM 0.3
体臭が消えない!!陰性体質

自分の体質を無視して何かを服用し続けた為に
陰性体質の方がどんどん陰性になっていく事があります
(陽性体質の方は問題ありません)
陰性体質の方が間違えた養生方法をしていると
老廃物筋膜リンパにたっぷり溜まってしまいます

しかし、漢方薬を服用して
血液を動かして陰性→陽性にしようとすると一時的に
「におい」が外に出てしまいます
「におい」がましになるサプリメントや漢方薬はあるのですが・・・
陰性体質が治るわけではないので
「におい」の元が少しずつ蓄積されてしまいます

陰性体質の方は老廃物の処理能力が低いために
一時的に効果が出ていた処方でも、続けて飲んでいるうちに
だんだんと効果が出なくなるのです
(においがある=老廃物です)
これが外に出せないという事は大変なことです

腸から「おなら」や汗腺から「におい」
皮膚から「にきび」「湿疹」が出るのは
体表面に表れるカラダからの廃棄物なのです
視覚、嗅覚的には不快ですがこれらは病気ではありません
ところが外に出せない老廃物
五臓骨髄神経にまで障害を引き起こす可能性があります

その前兆が
自律神経が乱れて睡眠障害やマイナス思考になる
低体温になったり(←男性でも手足が冷える)
性欲がなくなるなど・・・たくさんあります

サプリメントや漢方薬を体質を間違えて飲んでいると
陰性体質をどんどん悪化させてしまうのです

 

頭のてっぺんから臭いが!!

 

加齢臭いは 「こげ臭い」、「脂が酸化した臭い」がするのは
腸や肝臓の機能が関係しています (陽性体臭)

腎の機能が低下すると
頭のてっぺんから「水が腐ったような臭い」「油と水が混ざった臭い」など

表現し難い臭いが発生します 
では何故 頭のてっぺんからなのか・・・

これが陰性体臭と呼んでいるものです
血液中の老廃物で肝臓で処理できなかったものは
耳の後ろから出てきますが
腎臓で処理できなかった水溶性の老廃物
血液中に溶けたまま 血液脳関門を通過してしまいます

脳には栄養素となる物質だけ入り、異物は弾き飛ばします
頭頂部から排泄される為に
頭のてっぺんの臭いは主に腎に関係していると言えます

ただし肝臓が悪くなり アミノ酸代謝が異常をきたすと
アミノ酸代謝物も水溶性のために脳関門を通過します
腎からの臭い、肝からの臭いが混ざり合い
「複合したにおい」になります

なかなか治りにくい体臭です

 

 

 

口から「うんこのニオイ」がするのは

 腸が悪くなると 口臭や体臭がひどくなる事は
一般の方にも知られるようになってきました。

口から、うんこのニオイがするという場合もあります

当ホームページでも取り上げていますが
「尿の臭いがきつい」「子宮からのおりものの臭い」「便臭」が
気になる方は 
息も臭くなる場合があるという事実です

そんなことはあるのか? あり得ます

動画解説参照

■心臓から出た血液は総腸骨動脈から分岐した内腸骨動脈を通り   

子宮、
膀胱直腸に流れ込みます
折り返しは直腸静脈、子宮膀胱静脈が内腸骨静脈をとおり
肝臓を経由せずに心臓の戻ります
直腸、子宮、膀胱で処理できなかった老廃物
心臓を経由してに入ってしまします
そしてでも処理しきれないものが 
「臭い」として、もしくは吹き出物として表れます
これは病気ではありません
悪いものがカラダの中にとどまらない様にする防御反応です

 

耳の後ろに…おじさんがいる!

■後ろにおじさんがいる! と思ったが

 振り返ると誰もいない…自分の体臭だった

1 身体の外からの加齢臭対策!

加齢臭のにおい物質『ノネナール』は耳の後ろから分泌されます

最近は、おばさんでも「おじさん臭」がすることがわかってきた
耳の後ろを清潔にしちゃえば良いのか?

そうではありません。女性ホルモンの機能低下で起こるために起こります

「ノネナール」の元になる脂肪酸の酸化を抑える必要があります

脂肪の酸化を防ぎ、余分な脂肪を代謝するのが女性ホルモンの働きです

だから漢方が効くのです

入浴方法もアドバイスがあります
入浴直後から脂肪酸の酸化は始まります
お風呂上がりすぐに 耳の後ろや首まわり
そして頭皮「クマザサバスエッセンスの100倍希釈液」

シュッとスプレーするのがポイント!
更に体臭・加齢臭対策として定評のある
「あらいはま石鹸」で洗うと効果アップ!!

どうしておじさん臭がするのか? 動画参照

2 身体の中からのケアはどうすれば・・・

食物中の脂肪分は消化酵素や腸内細菌で分解され         
腸→肝臓に運ばれ必要な栄養素に変換されます
腸の状態が悪くなったり肝臓の機能が低下すると
血液中の有害な脂肪酸が増加
肝臓→肺→心臓→動脈中に入ります
比重の軽いものは頚動脈→脳底動脈を経由し
脳に運ばれてきますが
血液脳関門があるために脳には進入できません
有害な脂肪酸は皮膚より排泄されます
その排泄される場所が 耳の裏なのです

人により 大麦若葉、乳酸菌産生エキス、食物繊維などを
使い分ける事が大切です

 

ストレスによる体臭の特徴は

ストレスによって出てくる体臭についてご存知でしょうか?

ストレス体臭とは、自分が食べたもののニオイが2〜3日後に表れる

体臭の事です。ただし、食べ物のニオイがそのままするのではなく、

体内で微妙にニオイが変化して外に出てきます

甘いような、脂臭いような、揚げ物のような、ネギのような、
コーヒーの飲み残しのような、加齢臭のような…

ストレス臭は人によって異なるニオイです

食べるものが人によって異なるためストレス臭もたくさんあります

ストレス臭がする部分 動画参照
ストレス臭が悪化してくると

ホコリっぽいにおいロウソクみたいなにおいが、混ざってきます
アンモニアのような「ツンとしたにおい」が出る事もあります
30歳を過ぎれば誰でも起こるにおいですので気にしないようにしましょう